« 2015年3月 | トップページ

2017年3月29日 (水曜日)

雪厚く

 昨日は週末の会合で泊まった宿に置き忘れた携帯電話を引き取りにいったついでに、グラウンドを歩いてみました。

 まだ30㌢以上の雪が積もっていました。4月上旬の雪解けは難しいようです。雪解けが早く進んでいて、3月中に地面が見えてくるのではと期待していたのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。

 運動がてら記念館の窓の雪をすこしだけ横によけた後、グラウンドの周りに生えている木を見て回りました。松だけでもトドマツ、赤松、黒松?と3〜4種類はありそうでした。今度、図鑑持参で調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水曜日)

地面が出てきました

 昨日21日は定山渓に残った丸太の処理に出かけました。北日本ターフマネジメントのSさんが雪をどかせたグラウンドは一部で地面が出ていました。暖かい日が続けば、間もなく全面が顔を出しそうです。早くグラウンドが使えるよう作業も早まりそうです。

 木の水分が多くて斧が全く歯が立たなかった3種類の木はチェーンソーで二つに切りました。少しでも乾燥が進めば、割れてくれるのではないかと思います。木こりの真似事をしてみましたが、思いの外大変な作業でした。中川町のグリーンウッドマーケットではベテランのチェーンソーマンがいとも簡単に切っていましたが、体力のいる作業だと実感しました。

 なお、物置の屋根に積もってせり出した雪が危険な状態です。割った薪を積まずに置いてきました。道具を取りに入る人はくれぐれも気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木曜日)

薪割り

 今日は定山渓に薪割りに行きました。

 ブルドーザーで雪をどかせたグラウンドは、融雪剤が撒かれていました。今日は冷え込んでいましたが、暖かい日が何日か続けば、地面が出てきそうです。

 中川町のグリーンウッドマーケットで売れ残った丸太の薪割りをしてきました。

 最高級の薪材とされるミズナラが始めました。順調に割れてくれました。キハダ、オニグルミ、エゾヤマザクラと順調に行きました。硬い木ではないと聞いていたケヤマハンノキに斧を振ると、水分が多いのか、斧が食い込んだところからジュワと水が染み出してきました。木に力を吸収されてれている感じで、早々に降参しました。イタヤカエデも同じような状態で、全く割れる気配がなし。2重の芯が絡まっているセンを3分の1まで割って作業を断念しました。

 残った丸太はチェーンソーで切って、少し乾かせてから再挑戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月曜日)

百客千来

 道北の森林の町、中川町の「グリーンウッドマーケットイン定山渓が11、12の両日、バーバリアンズ定山渓グラウンドで開かれました。

 この冬に切り出した広葉樹の丸太を持ち込んで切り売りする極めて珍しい企画でしたが、一般の木工愛好者も対象にした昨日は午前9時の開始から人出が途切れず、結構な賑わいを見せました。千客万来と言いませんが、100人近くは来場者があったのではないでしょうか。

 初日は会場の上をオジロワシが飛んでいくなど、ここは中川町かと思うような風景もありました。主催者の中川町も「町の宣伝を兼ねたイベント」として赤字覚悟の企画でしたが、結構な売り上げとなり赤字は回避できた模様です。開催中はバーバリアンズ関係者にも購入していただき、クラブハウスの玄関横に丸太3個が仮置きされています。少々、狭くなっていますが、ご了解をお願いします。

 みなさんのご協力をいただき、成功裏に終えることができました。最高級の薪材のミズナラなど原木を提供していただきました。チェーンソーマンの方々が割るだけの状態にしてくださったので、後日、薪割りをしたいと思います。大量に発生した木材チップの利用策も考えたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月曜日)

定山渓にオジロが

 会社に区切りをつけ、2日に札幌に戻りました。引っ越しの片付けも一段落しないままに、転居手続きを終えたあと、定山渓に行ってみました。

 北日本ターフのS社長がブルで冬場に固めた雪をどかせていました。「固めた雪のままでは芝が窒息してしまうので」。いつもお世話になります。

 Sさんが雪を押している作業を見ていて、ふと向かいの山を見ると、尾が白く光る大きな鳥が飛んでいました。オジロワシでした。道南や東北で越冬した渡りの鳥でしょうか。カラスとバトルをしながらしばらく定山渓ダムの上を飛んだ後、遠くに姿を消しました。

 2年間暮らした名寄市を含む天塩川中流域ではオジロワシが繁殖しています。去年の春からオジロワシに取り憑かれたというか、オジロワシ・ハンターとして車を運転をする間中、オジロワシが飛んでいないか、目を皿のようにして捜していました。名寄を離れて、しばらく見ることはないだろうと思っていましたが、思わぬ場所で出会うことができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ