« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金曜日)

定山渓は真冬

 昨日はトラクターの整備で定山渓に行ってきました。雪が30㌢ほど積もり、温室の軒にせまるほど雪の山ができていました.定山渓はもう真冬でした。

 夜勤明けで、歯医者によってからの出発で,着いたのは1時前。ぼろ雑巾さまは小樽地方荒れ模様のため欠席されました。北日本ターフマネジメントの若い2人が温室のボイラー点検と転圧、散水をしてくれ、その後にSさんの指示でトラクター整備を手伝ってくれました。

 作業はグリスアップと燃料の抜き取り,バッテリーの取り外しです。グリスアップは、シャフトなどの回転部になるポイントにグリスガンで充填します。古いグリスがはみ出してきます。燃料の抜き取りはディーゼルエンジンでは必須の作業のようでした。トラクター2台と芝刈り機、軽トラックの計4個のバッテリーを外しました。春まで家で保管します。

 最後に軽トラと、冬囲いのシートが外れていたピザ釜をシートで覆って、作業完了しました。ピザ釜のシートは真ん中か避けていました。風にあおられたせいでしょうか。

 北日本ターフさんが温室の散水をしてくれましたが、ポンプをクラブハウスから運び出し、作業終了後に戻してくれていました。とても1人ではできる作業ではありませんでした。

 先週末からの雪で車庫の屋根が重みで30㌢ほど沈んでいました。取りあえず支柱を当てておきました。寒さが緩んだら一度、見に行かなければなりません。昨日を年内最後の定山渓にしたかったのですが、もう一度行く必要がありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火曜日)

大荒れ

 朝から大荒れでした。定山渓にも雪が降ったようです。小金湯のアメダスポイントの積雪が40㌢になりました。

 日曜日に錦渓に行ったついでに冬囲いしたところ見てきました。ピザ釜の囲いがシートが破れて外れていました。木曜日に行った時に直そうと思いましたが、もう雪に埋まっているかもしれません。雪をどけて覆いを掛けるしかなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日曜日)

ニシン漬け

 今日定山渓のクラブ錦渓でニシン漬け作りを手伝ってきました。私は大の漬物嫌いなのですが、手伝うことはできました。Oシェフの包丁を使わせてもらって大根を切りましたが、手元を過ったら確実に指を切り落としてしまいそうほどの切れ味でした。

 屈強な若者が30キロ以上の具材が詰まった樽を軽々と運んでおりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日曜日)

優勝

 バーバリアンズは東日本トップクラブリーグ決勝でタマリバクラブを46-23で破り、前身の東日本クラブ選手権を含めて3度目の優勝を果たしました。タマリバに2連勝したのは初めて。悲願の全国クラブ大会初制覇に期待が持てる試合内容でした。

 優勝は4度目でした。訂正します。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2012年11月14日 (水曜日)

初雪前

 初雪が遅く、旭川では観測開始以来の新記録となったそうです。昨日、グラウンドの水周りの片付けをしてきましたが、小春日和で快適に作業ができました。

 定山渓に行くのは10日ぶりでした。この間に紅葉が終わり、葉が落ちてしまい、景色が一変してました。週末には初雪になりそうですが、根雪になるまでにはまだ時間がありそうで、バーベキュー炉などの冬囲いはこれからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土曜日)

敗退

 日本シリーズはファイターズが2勝4敗で敗れました。打線が低調すぎました。期待の糸井、中田、陽がそろって打率2割5分以下では勝つのは無理でした。この10年間でセ・リーグのチームに敗れたのはファイターズだけ(3度)です。近鉄並みに日本シリーズで勝てないチームになるのは嫌ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金曜日)

紳士はどこへ?

 日本シリーズは,ファイターズの吉川が打たれ、2-10で完敗しました。シーズン後半は絶好調の吉川でしたが、平常心を保つことができず、散りました。惨敗でしたが、選手は気持ちを切り替えて頑張ってほしいものです。

 ところで多田野の危険球退場ですが、どんなものでしょうか。 巨人は「球界の紳士たれ」が看板でした。しかし、打席の選手は頭に当たってもいないのに、当たったかのように頭を抱える演技までしていました。

 審判は最初はファールと判定したように見えましたが、原監督の抗議を受けて、死球としました。少なくともボールが当たったと判断するなら、ヘルメットや頭に当たった跡があるどうかか、確認すべきだったでしょう。

 あまり言いたくないのですが、ドラフトなどで自らの利益のためには手段を選ばない球団体質がグラウンドの選手にまで浸透しているようです。正々堂々が日本野球の精神だったはずですが、看板の精神まで失われて、選手にまで伝染していることが白日の前で明らかになったようで残念です。まるでサッカーのシュミレーションのようなプレーでした。野球はサッカーではない、と言いたい。球界の盟主を自認する球団が自らを汚し、日本シリーズを汚す行為しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »