« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月25日 (土曜日)

思わぬところで

 きのう、北日本ターフのSさんと岩見沢方面に出かけました。昼に入った恵庭のラーメン店で思いもかけない物を見つけました。妙に手がごつい某放送局の名アナウンサーのNさんのサイン入り色紙が店内に飾られておりました。しかも写真もありました。恐れ入りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水曜日)

奇跡の札幌公演

 1970年代にボブ・ディランらのサイドマンとして活躍したデビッド・ブロムバーグ(David Bromberg)が4月15日に札幌公演を行います。有名な人ではないのですが、アコースティックギターを自在に弾きこなす職人です。

 この人の仕事で多くの人に知られているのは、ジェリー・ジェフ・ウオーカーの名曲「ミスター・ボージャングルス」でしょうか。2年間ほど、ジェリー・ジェフと演奏をして回ったそうです。
ブロムバーグ自身の演奏もあり、数多くあるカバー曲の中で最高の作品だと思います。ユーチューブにも往年の名演を再現するライブ映像がありました。

 1978年以来、実に34年ぶり、2度目の来日です。今年は100万ドルのブルースギタリスト、ジョニー・ウインターの札幌公演も5月29日にあります。私にとってほとんど伝説の領域の人と言っていい、2人の演奏が北海道で見られるとは、奇跡です。



 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日曜日)

キャンプ中継

 2月1日からプロ野球のキャンプが始まりました。ダルビッシュが抜けた我がファイターズはどうなるのでしょうか。そんな心配が尽きないチームですが、今季からCS放送のGAORAが1日、6時間のキャンプ生中継を始めてくれました。

 巨人、阪神に次ぐ3球団目です。セ2球団の中継はほとんど見てませんでしたが、ファイターズになるとついつい見てしまいます。仕事の合間、夜勤明けの日、昼も見たのに、夜の再放送も見てしまいます。 たかがキャンプの中継ですが、結構、見ておもしろいものです。

 大エースが抜けて心配な投手陣ですが、先日はブルペンで、斎藤、吉川、乾、榎下、それに北照出身の植村がそろって投げていました。いわゆる田中−斎藤世代の同級生です。中継では照会されませんでしたが、植村は南北海道大会の決勝で駒大苫小牧の田中と投げ合い、わずか1安打の好投を見せながら敗退しています。乾は3回戦か準々決勝で東洋大姫路で駒苫に逆転負けしています。この中から斎藤に続いて2人、あるいは3人が先発ローテションに入ることができれば、2,3年後にはすばらしい投手陣となると思います。

 中継を見ていると、いろいろな発見があります。いろいろなことが同時並行で動いています。打撃練習のあとにはトンボで荒れた足場をならしていました。年俸何千万円という選手でもスタッフに任せることはないようです。野球はグラウンド整備から、使った場所は元に戻しておく、プロでも変わらないようでした。

 ところでキャンプの生中継が始まったことで一番困るのは、北海道新聞の日本ハム担当者ではないでしょうか? 1日にメーン記事を1本、添え物を2、3本書くのですが、遠く離れた北海道で座っていても練習が見られるので、必然的に原稿に求めるものがどうしても高くなります。中継を見ている読者からの注文も高くなるでしょう。いい加減な仕事は許されません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »