« He's Gone | トップページ | middle C »

2012年1月27日 (金曜日)

北の療法農園

 芝管理でお世話になっている北日本ターフマネジメントさんが、体に優しい、癒し系の製品の開発、販売を始めました。ブランド名は「北の療法農園(Nord Therapie Ferme=ノルト・テラピ・フェルム)で、商品の販売サイトが立ち上がりました。第1弾で、ハーブのジャーマンカモミールから抽出した精油をフィーチャーした製品が売り出され、今後、徹底的に北海道産にこだわった自然志向の品物が続々と登場予定です。

111027nord  製品は、カモミールオイル、カモミール釜炊き海水塩、カモミールウオーター、カモミールティーの4点。海水塩はカモミールの精油を極小のカプセルに包んで、椴法華村のミネラル豊富な釜炊き塩に入れ込んだ製品で、スプーン一杯を風呂に入れると、豊かな香りが広がるそうです。入浴前にボディーマッサージをしてから湯船に浸かるのもいいそうです。

 オイルは、精油を国産オリーブオイルで包み込んだ製品で、入浴後のボディーマッサージやアロマテラピーにもいいそうです。乾燥肌の対策にも使えそうです。

 カモミールウオーターは、カモミールから精油を蒸留して抽出する過程で採れるもので、精油を含むハーブの有用成分が豊富に含まれているそうです。こちらも入浴剤として使います。うがいをしている人もいるそうです。

 これらの製品の特徴は、100%北海道産で、防腐剤や添加物を一切使っていないことです。防腐剤なしの「生もの」なので、使用期限がハーブオイルは製造日から90日間、蒸留水と海水塩は30日にとなっています。注文を受けてから製造する限定生産です。

 製品開発中に試用したSさんは、妙に色白になっていました。試供品をもらいましたので今日は早速、カモミール湯を楽しみたいと思います。美肌効果があるとか、と宣伝はしていませんが、混ざりものなしで良さそうな感じがします。

 今後も北海道産にこだわった製品が登場するそうです。

 

 ちなみにバーバリアンズのクラブハウスのベランダの周りに、種類違いで這うタイプのローマンカモミールを育てています。今年はカモミールの天日干しをつくってみようかな。

|

« He's Gone | トップページ | middle C »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221444/53837012

この記事へのトラックバック一覧です: 北の療法農園:

« He's Gone | トップページ | middle C »