« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月曜日)

middle C

家の近くになかなかいいギター屋さんがありました。中古のヴィンテージものを扱っている「middle C」という店で、南郷通沿いの地下鉄白石駅の近くです。日章中学校前のバス停の前です。

 間口一間ほどの小さな店内にはエレキやアコギがほどよく並んでいます。ギブソンやフェンダーのほか、私の好きなK・ヤイリのギターもありました。ヤイリがある店は多くないんですよね。

 開店は2010年の6月で、40代の方(たぶん)が経営されていています。ホームページもあります。ブログにはリペアの記事もあります。札幌にもいいお店があるのですね。「ギターを買うなら、絶対中古ですよね」と意気投合してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金曜日)

北の療法農園

 芝管理でお世話になっている北日本ターフマネジメントさんが、体に優しい、癒し系の製品の開発、販売を始めました。ブランド名は「北の療法農園(Nord Therapie Ferme=ノルト・テラピ・フェルム)で、商品の販売サイトが立ち上がりました。第1弾で、ハーブのジャーマンカモミールから抽出した精油をフィーチャーした製品が売り出され、今後、徹底的に北海道産にこだわった自然志向の品物が続々と登場予定です。

111027nord  製品は、カモミールオイル、カモミール釜炊き海水塩、カモミールウオーター、カモミールティーの4点。海水塩はカモミールの精油を極小のカプセルに包んで、椴法華村のミネラル豊富な釜炊き塩に入れ込んだ製品で、スプーン一杯を風呂に入れると、豊かな香りが広がるそうです。入浴前にボディーマッサージをしてから湯船に浸かるのもいいそうです。

 オイルは、精油を国産オリーブオイルで包み込んだ製品で、入浴後のボディーマッサージやアロマテラピーにもいいそうです。乾燥肌の対策にも使えそうです。

 カモミールウオーターは、カモミールから精油を蒸留して抽出する過程で採れるもので、精油を含むハーブの有用成分が豊富に含まれているそうです。こちらも入浴剤として使います。うがいをしている人もいるそうです。

 これらの製品の特徴は、100%北海道産で、防腐剤や添加物を一切使っていないことです。防腐剤なしの「生もの」なので、使用期限がハーブオイルは製造日から90日間、蒸留水と海水塩は30日にとなっています。注文を受けてから製造する限定生産です。

 製品開発中に試用したSさんは、妙に色白になっていました。試供品をもらいましたので今日は早速、カモミール湯を楽しみたいと思います。美肌効果があるとか、と宣伝はしていませんが、混ざりものなしで良さそうな感じがします。

 今後も北海道産にこだわった製品が登場するそうです。

 

 ちなみにバーバリアンズのクラブハウスのベランダの周りに、種類違いで這うタイプのローマンカモミールを育てています。今年はカモミールの天日干しをつくってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水曜日)

He's Gone

米大リーグのテキサス・レンジャーズ入りしたダルビッシュが24日、本拠地・札幌ドームでサヨナラ会見をして、完全にファイターズを離れたました。ダルビッシュが札幌ドームで投げた7年間は実に幸せな期間でした。もう2度ないかもしれません

 ファイターズが札幌に球団移転して2年目の2005年に、ダルビッシュは宮城・東北高からドラフト1位で入団しました。文字通りの大エースとして君臨して、本拠地移転前の20年間は優勝なし、3位以上のシーズンが6回しかなかったBクラス球団を引き上げ、44年ぶりの日本一、リーグ優勝3回、3位以上5回、勝率5割以上6回という好成績をもたらしました。

 ダルビッシュの成績は7年間で通算93勝38敗、勝率7割9厘、貯金は実に55勝です。この間のチーム成績は、462勝375敗です。87勝の勝ち越しのうち、ダルビッシュの55勝が63%を占めています。入団1年目こそ5勝5敗で、チームに大きく貢献することはできませんでしたが、その後はダルビッシュ貯金がチームの成績に大きくものをいいました。ダルビッシュが頭角を現した2年目以降ではチームは全シーズンで勝ち越しています(ダルビッシュの勝ち越しが4勝にとどまった2010年は4位に沈みました)。この数字からもスーパーエースぶりが明らかです。

 大リーグでのダルビッシュの活躍は楽しみですが、彼が去った後のファイターズはどうなるでしょうか。その穴を埋めることは容易ではありません。ちなみに低迷することが多かった球団の歴史では、1961年~1967年の7年連続勝率5割以上が最も長く続いた「よき時代」です。ダルビッシュ在籍2年目から昨シーズンまでの6年間がそれに続きます。ダルなきチームは球団タイ記録をつくって、夢を見せ続けることができるでしょうか。たのしみです。

 蛇足ですが、ダルビッシュの2軍成績がありました。5試合の登板で1勝1敗、1完封勝利。26回で失点16、自責点12で防御率4.15。被安打25、被本塁打1、四球12、死球1、三振26。入団当初から順風満帆ではなかったことが分かります。

 1年目のシーズンの札幌ドームでの試合。先発のダルビッシュは1回を三者凡退で難なく抑えました。その裏のファイターズの攻撃中、ベンチ横でキャッチボールをしていたダルビッシュがなんとボールを地面に激しくたたきつけました。フォームの調整でもしているのかと思いましたが、次の回にKOされてしまいました。単に調子が悪かったようです。現在の姿からは想像もできませんが、そんなこともありました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月曜日)

帝京大3連覇

 大学選手権の決勝は帝京大が15−12で天理大を破り、同大以来2校目の3連覇を達成しました。試合は強力FWの帝京に展開勝負の天理が健闘しました。二昔前の早明の戦いのようでした。私はFWが強いラグビーが好きですが、昨日の天理は好感が持てました。

 ただ、伝統校が勝ち上がらなかったことで決勝の観客は1万5千人を割りました。試合内容は良かっただけに非常に残念な結果です。伝統校以外では日本代表でもこの程度の動員力なので、日本のラグビーの人気はこのくらいなのかもしれません。

 トップリーグのプレーオフの観客を見ないと何とも言えませんが、全国大会の決勝に1万人を超える観客が集まるということは、国内の競技では野球とサッカーに次いで動員力があると見ることも出来ます。日本代表の注目度はW杯の地上波で生放送が1試合だけだったので地に落ちていますが、国内競技の動員力という点では、フィギュアスケート、バスケット、バレーボールといった当面のライバルを上回っていると思います。いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月曜日)

大吉

 明けましておめでとうございます。今日から仕事に出ています。

 ラグビーの大学選手権は、天理と帝京ともに強かったですね。天理の歯切れのよい攻撃は魅力です。3連覇を狙う帝京のディフェンスを破ることができるでしょうか。

 元日は実家の近くの神社に初詣をして、おみくじを引いてきました。おみくじ代100円のために、お賽銭は13円とけちってしまいました。金銭の多寡ではないでしょうか、久しぶりに大吉でした。今年はいいことがあるかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »