« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水曜日)

コルツ

 一昨日はボロ雑巾様がグラウンド両面の刈り込みをしてくれました。昨日は先週にやり残した野球場のエアレーションとグラウンド周囲の刈り込みをしました。期待された雨はお湿り程度しかありませんでした。明日は水撒きが必要かもしれません。

 メーングラウンドと野球場の間の山崩しが始まってました。昨年、移動したばかりでしたが、また、重機が入っていました。

 今日の昼くらいにメールで全道大会の出場チームの連絡がありました。今年はコルツでやることになりました。大会の3日前にチームが決まるなんてバーバリアンズしか出来ない芸当でしょう。コルツの皆さん、土曜日の試合後にうまいビールを飲みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金曜日)

エンジントラブル?

 きのうは目が覚めると10時過ぎでした。前日の睡眠3時間がたたったのか、年甲斐もなく10時間も寝てしまいました。夕方から雨の予報だったので、飛び起きて、定山渓に向かいました。

 グラウンドに着くと、水たまりがありました。このところ、ビニールハウスの芝につきっきりのSさんによると、前日の午後7時くらいにまとまった雨が降ったとのこと。芝も生き返ったようでした。

 きょうは野球場のエアレーションです。今年初めてでやり方をすっかり忘れてしまいました。うろ覚えでやっていると、Sさんからトラクターのスピードが速すぎてしっかり土にポイントが入っていないと指摘されました。確かにそうでした。

 しばらく作業を続けて、ふとエンジン温度のインディケーターを見ると、レッドゾーンに突入していました。慌てて止めて、SさんにSOSを出しました。アイドリングを続けると、温度は下がりますが、作業を再開すると、再び上がってきます。仕方なく、温度がレッドゾーンになると、トラクターを止めてエンジンが冷えるのを待ち、再び動き出すの繰り返しになりました。それでもピッチ部分だけやり終えると、6時前になっていました。

 異常の原因は分かりませんが、とりあえず、週明けに業者さんに見てもらうことにしました。芝刈りの時に異常があったかどうか、記憶がないのですが、これからはインディケーターに注意して、もしレッドゾーンに突入した場合は、アイドリングを続けてエンジン温が下がったのを確認して、エンジンを止めることが必要になります。ボロ雑巾さま、よろしくお願いします。

 なお、きのうから今日にかけて20㍉近い雨が降りました。雨がなければ、週末にも散水でしたが、日曜日には笹刈りができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水曜日)

クワガタ

 昨日はボロ雑巾さまと定山渓に行きました。

 ボロ雑巾さまはトラクターに乗りっぱなしで、メーン、野球場、駐車場、さらに全道大会で駐車場になる場所の刈り込みをしました。

 私はビニールハウスの周りなど雑草の刈り込みをしました。ついでにハーブ芝を刈ってみましたが、芝刈り機の刃がなまっていてそぎ切りみたいになってし、傷めてしまいました。次回はハサミで一株ずつやろうかと思います。

 すっかり夏の日差しになりましたが、芝の成長はいま一つです。Sさんによると、土壌成分のバランスが崩れているうえ、有機質などがほとんどない状態になっているそうです。近く堆肥を投入するそうです。この時期は芝がぐーんと成長する時期ですが、定山渓の芝は春先に窒息状態になったため体調不良で成長どころの話ではないようです。その上、踏みつけられるのですから、伸びろと言われても無理なことのようです。

 作業を終えて、グラウンドの周りを走っていると、道路に小さなクワガタがいました。体長3センチ足らずですが、捕まえると、小さな角でしっかり挟まれました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日曜日)

完敗

 昨日は北大OBの北菱クラブと20分1本の試合。相手は若い人が多いようで、すべてに後手に回り、たくさんトライを取られて、取ったのは1本だけだったような。

 スクラムでこちらが1回押したら、その次は相手が真剣に組んできて押されました。決着の3回目のスクラムでは、相手はスクラムの間隔が「近い」とか言って、離れたところから勢いをつけて当たってきましたが、年の功で押しました。若者は必死に「押せ!押せ!」と後ろのロックのせいにしていましたが、プロップが押されたのを人のせいにするようでは甘いですね。ただ、スクラムの後ろの方で何かがあったらしく、相手ボールになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木曜日)

ハーブ芝

 14、15日は続けて定山渓に行きました。14日にいらっしゃる予定だったボロ雑巾さまは朝の雨で迷っていらっしゃったようなのでお休みいただきました。

 14日はグラウンド周囲の雑草の刈り込みをしました。隣のパークゴルフ場と同様に雑草が伸びていましたが、刈り込みで少しはきれいになりました。パークゴルフ場はバーバリアンズの敷地内ですが、札幌市に貸して、造園業者が管理を請け負っています。コース内はタンポポが伸び放題です。ネットで区切られている隣のグラウンドとの格差に利用者から苦情はないのでしょうか。

 15日は人間ドックの後で午後から行きました。北日本ターフのみなさんが肥料散布、集草機による刈り込みをしてくれました。また、温室の芝は全面張り替えとなったようです。屋内での芝づくりは想像を超えて難しいもののようです。

 Sさんによると、今回散布した肥料は成長促進というより、根の周りの環境調整を狙ったものだそうです。根の周りの栄養環境が崩れているのでそこを直して、芝の成長を促進させるそうです。急がば回れの処方のようです。

 思うようにいかない芝とは対照的に、テラス前のハーブ芝の生育は順調です。昨日は40ほどの苗を移植しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月曜日)

やられた

 昨日は定山渓でおじさんチームの試合でした。相手はサッテツクラブのBチーム(本当は別の名前が付いているらしい)。ちょっと前まで一線で出ていた人や若い人もいました。

 試合はわがチームが攻めるものの、ブレークダウンの攻防で後れを取り、2次、3次の攻撃によい球が出せませんでした。トライは4,5本取られ、こちらは佐藤ジュニアの1本だけだったと思います。私は2度、3度、よいタイミングでボールをもらいかけましたが、ボールが手に着きませんでした。

 私は仕事でしたが、土曜日の試合は突然の豪雨で稲妻が走る中で行われたそうです。道路が冠水していたそうです。雨の中ので戦われたみなさん、お疲れ様でした。ただ、グラウンドには良い雨になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土曜日)

恵みの雨

 定山渓に待望の雨が降った模様です。小金湯で9㍉、定山渓ダムで6㍉の雨が降りました。

 良いタイミングで降ってくれました。欲を言えばもう少し量が欲しかったがところですが、これで明日は水撒きをしなくて済みそうです。ラグビーに専念できます。様子を見て火曜日に作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズメバチの味方

 昨日、定山渓に行くと、スズメバチのトラップが地面に投げ捨てられていました。中には生きたハチもいました。だれがこんなことをするんだ、と怒っていました。

 気を取り直して、トラップをかけ直し、不用意に人が近づかないように回りにロープを張りました。仕掛け直したトラップにはさっそくハチがかかっていました。

 ところが、帰る時見ると、また、トラップが外されて、地面に捨てられていました。スズメバチの駆除を面白く思わない人がいて、投げ捨てたのでしょうか。でもスズメバチが集まっているトラップにわざわざ近寄って、捨てる人がいるとも思えません。

 トラップは、ペットボトルの首に結んだひもの先にフックを付け、枝に下げたひもに引っかけているのですが、わざわざフックを外す器用なことをするのは何者でしょうか。カラスの仕業ではないかとにらんでいます。対策を考えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2週間の勝負

 きのう(10日)も定山渓で水を撒いてきました。前日の夜に一雨来る予報でしたが、定山渓は雨雲が素通りしたようでした。

 雨を見込んで前日の9日に北日本ターフマネジメントさんがスパイクリングをしてくれました。先日のオーバーシードに続いて、グラウンド改善の切り札です。

 北日本ターフのSさんによると、芝が種をつけるこの時期が最も水分を必要とするそうです。春先の多雨で窒息状態だった芝もようやく回復して、これから一気に成長の時期を迎えます。

 定山渓のグラウンドは水はけがよくない半面、保水力も低いのが特徴です。雨が多いと水がたまって芝が窒息状態になってしまいます。逆に雨が少ないと、すぐに乾燥してしまい、せっかく出てきた芽が死んでしまいます。ただ、グラウンド管理面では、乾燥気味で水分を水撒きで補ってやれれば、ある程度、成果を上げることが見込まれます。

 今の芝は、春先に雨が多かったことで芝が弱ったことに使用が重なり、かなり激しく傷みました。芝の状態がようやくよくなり、オーバーシードで撒いた種の芽が出てきてここで水を切らさなければ、劇的な改善が見込めそうです。

 Sさんからは「天気の様子を見ながらですが、雨が降らなければメーンと野球場で1日置きに水撒きが必要です」と言われました。月曜日にも雨が降る予報が出ていますが、例年ですと、6月はなぜか雨雲が定山渓を避けて通ることが多いのです。ここ2~3週間が勝負です。

 月曜日にまとまった雨が降ってくれると、状況は変わりますが、平日でも週末でも出動可能な方、応援お願いします。今のところ来週は、14日(火)、15日(水)、18日(土)の人手が確保できています。バーバリアンズの力を見せましょう。

 なお、3つある井戸のうち、2つの水量不足は深刻です。Sさんからは「燃料代が無駄になるので、クラブハウス側の井戸からメーンも野球場も撒く方法でした方がよい」と助言を受けました。2本の井戸が使えれば、1日で2面の散水ができるのですが、現状では、1日に1面しかできません。

 どうも地下水の水位が下がっているようで、特に真ん中の井戸はいったんポンプを止めると、とたんに赤水になってしまいます。春先は雨が多かったのですが、積雪量は例年の半分だったと言います。その影響でしょうか。あるいは新たに井戸水を大量に使い始めた施設があるのでしょうか。

 昨日はメーンはSさんにお任せして、私は手撒きで野球場の内野の散水をしました。チョロチョロしか出ないうえ、重いホースを引っ張りながらの作業で、ヘロヘロになりました。日曜日の試合まで体力が回復できるか分かりません。ひょっとすると、日曜は水撒きだけになるかもしれません。

 追伸 日曜日はバーバリアンズは1面で試合をする予定だったので、早めに行って、どちらかのグラウンドの水撒きをしようと思っていましたが、中学生の大会が入っているとかで日曜日は2つのグラウンドをフルに使うようです。知らない私は気持ちだけが先走りしていました。月曜日は雨の予報が出ていますの、天気予報をにらみながら、午後3時過ぎからの水撒きになりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火曜日)

女王様の狂乱

G0606hornets  先日、設置したスズメバチトラップ。昨日様子を見たら、すごいことになっていました。

 体の大きな女王蜂が何匹も入っています。近づくのが怖いくらいです。スズメバチが喜んで近づいてきますので、くれぐれも近づかないで下さい。トラップの中から出てくるハチもいます。
不用意に近づいて刺激したら大変なことになります。今度行ったら、ロープを張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

濡れ鼠

G0606mg1  昨日(6日)はボロ雑巾さまと、芝の刈り込みと水撒きをしました。午前10時過ぎに定山渓に到着し、午後5時過ぎまで、昼飯も取らずに一心不乱に作業をしました。普段の仕事でも絶対にやらないような頑張りでした。

 メーングラウンドは芝がほとんど伸びていなかったので手をつけず、ボロ雑巾さまに野球場と土手の刈り込みをしていただきました。ボロ雑巾さまは道路端のイタドリ退治をしてくれました。私は、風邪を押して一足先に散水を始めていただいていたSさんのお手伝いをしました。ところがこれがトラブル続き。なかなか水撒きの作業に入れませんでした。何度も試した結果、メーングラウンド中央の井戸が決定的に水量不足であることが判明しました。

G0606tani G0606mg2  風邪で体調が優れないSさんが早めに帰られたあと、ボロ雑巾さまと2人でスプリンクラーを移動させていく作業を続けました。いちいちポンプを止める度に走って移動するのは大変なので、スプリンクラーの場所を変える時もポンプを動かしたままホースを途中でつなぎ替えていく作業をしました。このときに水が噴き出したり、スプリンクラーが不機嫌で手作業で散水栓を引き出す時に、ずぶ濡れになってしまいます。昨日は天気は良かったのですが、体が芯まで冷えてしまいました。

 次回は水を通さないカッパのようなものを用意していきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木曜日)

競争

 昨日(1日)は夜勤明けで午後から定山渓に行きました。芝は伸びているところと伸びていないところが極端に別れていました。

 後からビニールハウスに作業に来たSさんに聞いてみました。

 成長がよいところは水はけが良いところで、伸びていないところが水はけが悪いところだそうです。水はけが悪いところは雪解けの後も雨水がたまったままで、根が窒息状態になっていたそうです。体力を消耗しきったうえに踏みつけられて芝は後退してグラウンドは荒れ始めています。 特にグラウンドのよく使う部分の荒れが目立ちます。逆に余り使わない以前のトラックの芝の成長が素晴らしいものです。

 旧トラックの芝と中の芝の落差が大きすぎるせいか、私の目には5年目のグラウンド管理で最悪の荒れ方のように見えすが、経験豊富なSさんは「長雨に撒いた種が窒息してしまった昨秋が最悪の状態。そこから持ち直している。もちろん以前に比べれば格段に良い状態」と言います。

 先週、北日本ターフマネジメントさんが、芝の種を入れるオーバーシードをしてくれました。今後は芝の新芽を守りって成長させるため、長めに刈り込みをしていきます。Sさんは「これからは芝が弱って裸地が拡大するか、新芽の成長が勝つかの競争」と言います。できれば新芽を大切に守って、緑のじゅうたんにしたいものです。

 昨日はスズメバチトラップを一つ仕掛けました。門の近くの白樺の木に下げました。早速2匹を捕獲できました。スズメバチが集まってきて危険です。ジュニアのコーチのみなさん、くれぐれも子どもたちにおもしろがって近づかないように注意をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »