« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木曜日)

出勤

 今日は年内最後の出勤でした。内部の連絡が悪く、出してもらうはずの原稿が出てないというトラブルで、昼過ぎから悠然と出社するはずが、呼び出しを受けてしまいました。

 そのほかは平穏な1日でした。

 2010年中はいろいろお世話になりました。新年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日曜日)

今年も

T1225chickenT1225asparaT1225salada






 昨日は土曜日のお休みでした。吹雪模様で外を走る気力もなく、クリスマスディナーづくりに励みました。

   メニューは、ローストチキン、ホワイトアスパラのカルボナーラー風、レタスに蒸し鶏、赤タマネギ添えサラダ、マッシュドポテトの4品にしました。

 ローストチキンの鶏は、大一羽1580円でした。デフレ傾向のせいでしょうか以前は1980円で売られていたと思います。小の980円は変わりませでしたのでお買い得でした。ホワイトアスパラは夏の内に瓶詰めしたものを使いました。

 当然、1人では食べきれず、余ったチキンは正月のおつまみになります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金曜日)

ホワイトクリスマス

 苫小牧もホワイトクリスマスです。今朝は晴れていたのですが、3時過ぎから雪が降り始めました。

 クリスマスで思い出すのが、会社の後輩の話です。イブにデートの約束をした彼でしたが、何と職場に女性から「今日は行けません、と伝えて下さい」という電話がかかってきたそうです。当然、受けたのは本人ではなく、職場では周知の事実になったとか。

 携帯電話がなかった時代の話です。誰かの歌のような、嘘のような本当の話だと、本人は言っていましたが…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火曜日)

雪が消えた

 日曜夜の雨で苫小牧ではほぼ雪が消えました。土曜の代休の昨日は、北大研究林まで走ってきました。

 森の中もほぼ雪は消えていました。ややぬかるむ火山灰の林道を走ってきました。速度はたぶん時速8キロくらいの超スローペースだと思います。ほとんど歩いているような感じ。なにしろ寄る年波のせいか、体が動きません。

 ショックだったのは、走り終わってオーバーパンツの後ろ見たときです。泥がはねた跡がなく、きれいなままでした。泥をはねる勢いもない走りのようでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土曜日)

 ついに苫小牧にも雪が積もりました。昨日まで雪がなくて、このままブラッククリスマスかなと思っていましたが、冬ですね。

 今日は仕事ですが、明日、明後日と走ろうと思っていましたが、どうでしょうか。しばらくは研究林まで走るのは難しいかもしれません。コースを変えて、海まで行ってみますか。それともジム通いかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金曜日)

アヨロ温泉

T1215ayoro  14日は夜勤後に忘年会に2次会から参戦で飲み過ぎました。もっとも2次会のあとは単独行動でしたが。昨日は、走る気にもならなくて、改装オープンした白老町のアヨロ温泉に行ってみました。

 アヨロ温泉は、虎杖浜たらこで有名な虎杖浜地区の真ん中にあります。白老町の端で、丘を越えると登別です。登別温泉からは車で15分ほどの距離です。

 装いを一新したことで平日の午後でしたが、結構込んでいました。利用が当初の想定を超えているのか、シャワーが出なかったり、換気がうまくいかないのか浴場に湯気が立ちこめてほとんど周りが見えなかったりと、初期トラブルの続出のようでした。

 苫小牧から車で40分ほどかけて行く価値があったかというと微妙でした。でも入力料金が420円では文句は言えません。温泉の目の前に海がひろがっているのですが、道路が前を通っている、せっかくの露天風呂が海を見ながら楽しめる構造にはなっていませんでした。もったいない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月曜日)

瞬間風速

 週末は風が強くて、ベランダに設置してあるパラボラアンテナがずれてしまいました。今年の苫小牧は強い南風が吹き付ける日が多くて、CS放送が受信できなくなったのはこれで3度目です。特に今回は本来は南南西に向いているアンテナが完全に西を向いていました。

 冷たい南風が吹いているときは苫小牧では雪は降らないようです。暖かい南風だと、繁多には大雪になります。週末は日本海側では荒れたようですが、苫小牧では風は強かったものの、雪はサッとはいたような感じで日陰に残っているだけです。

 昨日も強風の中、いつもの北大研究林まで走ってきました。10月に傷めた左太ももの裏もようやく治ってきて普通に走れるようになってきました。そのせいか、走り終わったあとに体重を量ったら85・0キロになりました。一時は腹の回りに脂肪が付いて90㌔に迫っていましたが、瞬間風速とはいえ一応の目標に到達しました。よかった、よかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木曜日)

G1208mg  昨日の8日は久しぶりにボロ雑巾さまと定山渓に行ってきました。前夜からの雪が5㌢ほど積もっていて、すっかり銀世界になっていました。

 ビニールハウスの芝の養生で、北日本ターフマネジメントのみなさんが来ていました。ハウスの中は気温3度ほど、それでも芝は青々していました。ただ、ハウス内の気温は日が出れば20度くらいになるものの、日没と同時に急降下し、氷点下になってしまうようです。地温も3度ほどで、芝の根が元気よく伸びる状態ではないようです。

G1208bh1  一見、完璧に見える芝生ですが、根の張りが十分でないため、芝の先をつまんで持ち上げると芝全体が持ち上がってしまうところもあります。アップシューズで走り回る分には十分ですが、大男たちがスパイクをはいてハードに動き回ると、すぐにはがれてしまう状態のようです。

 今年のハウスの芝生造成は終了となりました。普通の業者なら、この状態で完成-引き渡し、あとは知らん、ということになるようですが、北日本ターフさんは違います。

 芝生造成がうまくいかなかったのは、8月半ば過ぎの作業開始で、そのあとの猛暑、冷え込みが急にやってくる定山渓の気象条件、屋内での芝生づくりという難しい条件が重なったようです。北日本のSさんによると、「時間切れ」ということだったようです。Sさんは来春に捲土重来を期して、もう一度、ハウス内の芝づくりに再挑戦し、秋に完成させる気持ちのようです。

 また、芝は十分ではないとはいえ、Sさんは「全国大会に向けて選手のみなさんに好きに使ってもらい、傷んだところは私たちが直します」と話してくれていました。

G1208bh3  ハウスの外は、屋根からの落雪が40~50㌢にもなっていました。次に雪が降ったら除雪が必要になりそうです。ただ、峠越えとなる苫小牧と小樽からは行けそうにありません。だれか…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月曜日)

暖かい週末

T1204  大荒れが予想された週末でしたが、意外にも穏やかで、土日とも北大研究林まで軽く走ってきました。すっかり落葉した森の中は遠くまで見通せて、クマが身動きしても分かるかもしれません。

 金曜日の雨で全道的に雪が消えてしまったようですが、苫小牧ではこの冬はうっすら積もる雪化粧程度でまとまった雪は降っていません。今朝も暖かく風もない穏やかな朝で、長い秋が続きそうです。

 定山渓の方はどうなっているのでしょうか。定山渓の奥にある札幌国際スキー場でも雪があるのは上のコースだけという記事が出ていたので、グラウンドは青々しているかもしれません。水曜日にボロ雑巾さまと見に行こうかと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »