« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月曜日)

積雪

 とうとう定山渓に雪が来たようです。

 小金湯のアメダスポイントで積雪9㌢。定山渓ダムの観測点では降水量が9㍉でした。小金湯の降水量が6㍉ですから、積雪では10㌢を超えそうです。

 週末のまき割り大会でかなりの薪ができたようなので、まき割りも終わりです。みなさん、ありがとうございました。私はあと一度くらい定山渓の様子を見に行って、そのあとは完全に冬仕舞いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金曜日)

燻製

G1125mg1 G1125mg2  25日は夜勤明けで定山渓グラウンドに行きました。午前10時半過ぎに行くと、車が止まっていました。レンガ屋のYさんでした。グラウンドの芝生はまだ青々としていました。クラブハウスの方に行ってみると、ピザ釜が姿を現していました。

G1125piza1  Yさんは、来春に向けて一度は冬囲いしていましたが、雪が積もらないので、何度が足を運んで1人でレンガを積んでいらっしゃったとのことでした。ピザ釜は1.2㍍四方ほどの本体の上にドーム型の釜がかわいらしく乗っかっていました。中に砂を詰めて弧を描くレンガの曲線を支えていました。

G1125piza2  組み上げる段階で、コンパネで支えたそうで、昨日はこの中のコンパネを焼いてしまう作業をしました。レンガの炉の中の木材を燃やしたのですが、なかなか大変な作業でした。炉の内部を3段か4段のコンパネを重ねているので、空気が流れず、炉の入り口から煙が逆流して来たり、空気がうまく行き渡らず、煙がもうもうと出て、ほとんど人間燻製状態でした。

 格闘すること3時間。何とか最後の板が崩れました。やっとの思いで難関を突破しました。ここでYさんが別の場所に打ち合わせに出掛け、私はこの日する予定だった、入り口近くの松の下枝払いとまき割りをしました。Yさんは、何でも鶴の一声があり、定山渓での仕事をすることになったそうです。

 まき割りは道具が良いせいか、調子がよいときは左門豊作ばりに、音無しで真っ二つに割れました。結構、割ったと思います。玄関に積んでおきました。

 Yさんが戻ってきて、ピザ釜の周りで話をしていると、M仙人さまが現れました。函館出張の帰りだそうです。なんだかんだ話しているうちに日が落ちてくると、急に冷え込みが厳しくなってきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月曜日)

祝、東日本トップクラブリーグ優勝

 バーバリアンズが21日、東日本トップクラブリーグ決勝(@秩父宮ラグビー場)でタマリバクラブを下し、優勝しました。トップクラブリーグになってから初の優勝です。外国人選手が6人を占めるという巨大戦力での優勝でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金曜日)

まき割り

 昨日(18日)はボロ雑巾さまと定山渓に行きました。正午集合で、3時過ぎまで、まき割り、機械類の越冬準備などをしました。

 グラウンドは雪が完全に消えていました。メーングラウンドは遠目からでも中央部が黒ずんでいました。そのほか芝が青々としていました。

 先週、Sさんに教えてもらったエンジンのガソリン抜きをしました。4度目の冬ですが、初めてしました。タンクにガソリンを残しておくと、内部がぼろぼろになるそうです。知りませんでした。芝刈り機2台と、刈り払い機3台からガソリンを抜きました。

 ボロ雑巾さまは、意欲的にまき割りに精を出しました。クラブハウス横の松の木が倒れかかっていたのを、処分しました。木を切ると一気に視界が開けました。ついでに残った松の木の下枝を払いました。結構、景色が変わるものです。一部をやり残したので、次回以降に決着をつけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水曜日)

働きもの

T1114ezotogari  夜勤明けだった昨日は北大苫小牧研究林を走りました。研究林に入る手前のアスファルトの舗装道路でエゾトガリネズミの死骸を見つけました。支笏湖に向かう国道から20㍍ほど入ったところです。

 エゾトガリネズミはネズミの名前がついていますが、モグラに近い動物だそうです。体は小さく、死骸は体が7㌢ほど、尻尾を含めると20㌢くらいでしょうか。餌を数時間食べないと餓死してしまうそうです。森の落葉層やその下の腐植層をすみかとして、昆虫やミミズをを食べているそうです。昼夜を問わずに活動し、冬も活発に活動するそうです。寿命は1年から1年半といいますが、それこそ不眠不休で食べ続けるそうです。生きるために食べ続けるのが宿命とはいえ、寝ることも休むこともなく餌を求めて動き続けるのでは長生きはできませんね。

 バブル期に「24時間戦えますか」というCMがありましたが、森の足元では24時間動き回る働きものが害虫を抑える大切な仕事をしているそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日曜日)

凍えました

G1112mg  12日の金曜日は、ボロ雑巾様と定山渓に行きました。北日本ターフのSさんもいらっしゃっていました。

 ビニールハウスの方は日が出ると30度以上まで上がり、朝は氷点下まで下がる厳しい環境だそうです。地温も10度くらいまで下がって芝の生育には難しい状況が重なっているそうです。それでも地温が下がってきため、芝の生育を妨げていた菌が暴れなくなり、根が徐々に伸びているそうです。ただ、この状態がいつまで続くかも予想できないようです。室内環境での難しい作業が続いています。

 午後から雨の予報だったので、10時過ぎに行きましたが、見事に天気予報は外れて、冷たい雨が降っていました。ボロ雑巾様には野球場のエアレーションの仕上げ、私はこれまで放置していたツツジなどの冬囲いをしました。

G1112kakoi  2時間ほどしてボロ雑巾様のエアレーションが終わった頃を見計らって、私は枝との格闘を1カ所半を残して作業を打ち切りました。皮肉というか、ちょうど作業が終わると、晴れてきました。トラクターに乗っていたボロ雑巾様は凍えていました。

 この後、Sさんを含めて3人で、夏に2階の壁を取り壊したときに出た廃材の処理をしました。週明けに雪が降る予報だったので、帰りたそうなボロ雑巾様を説得して作業を始めました。Sさんにチェーンソーで切ってもらい、全部処理を終えました。釘を打った木材がむき出して、ゴミのようだったものがなくなり、少しだけ雰囲気がよくなりました。これで安心して冬を迎えられます。

 帰りは久しぶりに白樺の湯に寄りました。ただ、冷え切った体にはお湯がぬるくて、温まった感じがしませんでした。

G1107inui  大変なことを失念していました。日曜日に小樽の某中学校の教頭先生が手伝いに来てくれました。トラクターに乗ってエアレーションをしてくれました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水曜日)

追伸 感謝!

 先週末の話の追加です。

 高校生の合宿が終わった後に、高校生たちがクラブハウスのホールの掃除をしてくれました。この様子を見ていたYさんは「クラブハウスを使った人で初めて掃除するのを見た!」といたく感動していました。

 高校生のみなさん、指導して下さった関係者のみなさん、心遣いありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火曜日)

感謝!

 先週末はメンバー、高校選抜合宿の関係者のみなさんの協力で、定山渓グラウンドの冬囲い作業をあらかた終えることができました。ありがとうございました。

 余力ができた私たちは、昨年、Yさんに作っていただいたバーベキュー釜の冬囲いまで済ますことができました。

G1107bg  根雪になる前にできるかどうか、不安があった野球場のエアレーションもとりあえず、ピッチ部分だけは終えることができました。このまま雪が積もらなければ、今週の金曜日にでも残りの部分もやり終えたいと思います。定山渓グラウンドはピッチの内と外で全く同じ管理をしているので、是非ともやり遂げたいものです。

 来年はグラウンドの利用する人に対しても、ピッチと内と外は同じ状態なので、ピッチの外の部分を活用していただくよう、お願いしていきたいと思います。

 Yさんが進めていたピザ釜づくりは、来年に持ち越されることになりました。来年が楽しみです。

G1107abura  また、Yさんが小鳥を呼ぶためにシラカバの木4カ所に豚の背脂をくくりつけました。歩くスキーの人たちが珍しい鳥を見ることができるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金曜日)

つめ跡

G1104mg  4日はボロ雑巾さまと定山渓に行きました。途中、支笏湖の辺りから森の様子が変わっていました。あちらこちら木が折れ、弓なりにしのっている木もあります。支笏湖の湖岸を走り終えた辺りから定山渓までずっとひどい状態でした。この前の雪で重さに耐えきれずに折れたようです。

G1104tree2 G1104tree1  定山渓のグラウンドでも同じでした。パークゴルフ場にあるシラカバがぽっきり折れ、テラスの横に倒れていました。メーングラウンドの奥の木も激しく枝が折れていました。

 雪が積もった直後は悲惨な状態だったようで、車の出入りの邪魔になっていたものは、北日本ターフさんが撤去して、切断してくれていました。いつもながらお世話になります。ありがとうございます。

 グラウンドの方は中央部の芝は出ていましたが、3分の2ほどは雪に覆われていました。この日は野球場のエアレーションをしたかったのですが、見送りました。結構、雨も降っていたのですが、雪は消えていませんでした。帰りに寄ったカフェ崖の上の人は、「40㌢くらい積もって、次の日は昼間で除雪にかかって店を開けられませんでした」と話していました。水回りの作業がまだなので、何とか日曜日当たりに片づけたいところです。

G1104yoshida  定山渓に着くと、レンガ屋のYさんがバーベキュー炉とピザ釜の作業をしてくれていました。とりあえずボロ雑巾さまと車庫の屋根の補強をしました。ここも雪の重みで20㌢ほど屋根が沈んでました。角材で補強をしてついでに、屋根を持ち上げました。2人で20分ほどで仕事は終わりました。

G1104snow2 G1104snow1  ここでYさんがいるクラブハウスに移動しました。テラスには雪が解けずに残り、特に窓際は40~50㌢の高さで積もっていました。テラスを設けたことで雪の積もり方が変わったようです。ボロ雑巾さまと雪をどけましたが、これが思いのなんの。しかも固まりかけていて結構な重労働となりました。やはり窓際のデッキは外した方がいいようです。

 ボロ雑巾さまはYさんの手伝い。私はテラスの窓の網戸をしまい、ついでにクラブハウスのホールの掃除をしました。気持ちだけですが、暖炉周りが少しだけきれいなりました。

 しかし、クラブハウスはいつもながらのありさまでした。使った物は出し放し。誰かの靴下が脱ぎ捨てられ、飲み捨ての空き缶が置かれたままでした。試合の後には、使い終わったテーピングテープが床に投げ捨てられていることも度々です。ボロ雑巾さまと話しました。「たぶん、自分の家でも物は置き放し、片付けもしないんだろうな」と。「魂は細部に宿る」という言葉があります。残念ではありますが、今のバーバリアンズの魂はこんなものでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有機ジャガイモいかが

G1104imo  今年も岩見沢市の栗沢あおぞら農園さん直売の有機栽培のジャガイモが届きました。新聞社を辞めて就農したHさんが作っています。有機栽培の資格を取っている農家です。

 直売しているのは、ジャガイモのキタアカリと男爵、カボチャの「くりりん」の3種です。キタアカリは7月の長雨でやや小ぶりだそうです。男爵は順調だったそうです。カボチャはホクホク感と栗カボチャの風味が魅力だそうです。まだ、食べてません

 キタアカリ 10㌔
 男爵イモ 10㌔
 キタアカリ5㌔+男爵5㌔
 カボチャ2玉+ジャガイモ6㌔(キタアカリか男爵のどちらかを指定)

 の4セットで、いずれも値段は2000円税込み、送料別(道内680円)です。

 問い合わせは、栗沢あおぞら農園さんへどうぞ。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火曜日)

紅葉

T1028  定山渓の雪は解けたでしょうか。先日、北大の苫小牧研究林までジョギングしましたが、苫小牧の森は紅葉がきれいでした。まだ、秋です。

 4日に定山渓に様子を見に行くつもりです。待ちきれずに3日にしようかな…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »