« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木曜日)

Yさん

 Nやまさんと一緒に温泉に行って、脱衣所でつなぎのポケットにトラクターの鍵が入っていることに気付きました。Nさんと別れて、鍵を戻しにグラウンドに戻ると、れんが屋のYさんがいました。駐車場にレンガを運び込んでいました。

 Yさんは昨年、クラブハウスの暖炉と門のほかに、ボランティアでバーベキュー炉2基を造ってくれました。春先から仕事が忙しい中、「今年はテラス横にピザ釜とバーベキュー炉を造る」と言ってくれています。さっそく現地で打ち合わせをしました。ついでにクラブハウス2階のスキーヤーズベッドルームの壁の撤去についても話しました。

 テラス完成に続いて、いろいろ動き出しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試練&先生デビュー

 例年なら雨乞いの時期ですが、もういっぱいですと言うくらいの感じで雨が降っています。やはり今年は異常気象です。

 26日の月曜日はボロ雑巾さま、28日の水曜日は私が行って刈り込みをしました。そして昨日は、夏休み中の中学校の先生・N山さんが芝刈りデビューを果たしました。以前から「夏休みにお手伝いを」と話してくれていましたが、まさに有言実行の方です。

 この日は、トラブルで始まりました。月曜日に刈り込みをしたボロ雑巾さまから「茎が立ってきました」との報告があったこともあって、メーン、サブともにロータリー式のトラクターで刈り飛ばす予定でした。先日、ロータリーの刃を研いだばかりでしたが、トラクターを走らせると、3枚ある刃のうち、左側の刃がうまく刈れていないような気がするのです。この前にこのトラクターで刈り込みをしたときには、何か変だと思いながらもそのままにしていました。あらためて走ってみるとと、何とも変な感じです。

 トラクターの下をのぞいてみると、一つだけ刃が反対の方向を向いていまいした。この前刃を研いだ時に、間違えて反対に取り付けられたようです。1人でやるしかありません。冷や汗ものでしたが、Sさんがやっていたことを思い出しながら、何とか刃を外して、取り付けることができました。あの時は刃の取り外しに随分、時間がかかって、後の作業も詰まっていましたので取り付けを大急ぎでやりました。さすがのSさんも弘法も筆の誤りでしょうか。ひょとすると、Sさんが刃を反対に付けたままで、私たちが気付くかを試したのかもしれません。何とか試練を切り抜けました。

 刃を付け直して、刈り始めると、Nさんが姿を現しました。せっかくですので、Nさんに大型機に乗ってもらい、2人で同時にサブとメーンを刈ることにしました。簡単な説明のあと、Nさんは「失敗したらごめんね」といいながらもサブ全面とメーンの外周の刈り込みをしてくれました。途中、一度切ったエンジンを再始動ができなくなるトラブルや機械を洗う途中に土砂降りに見舞われたこともありましたが、今週末からの合宿期間に向けて、グラウンド全体をきれいにすることができました。

 帰りに白樺の湯に寄って、体を温めました。露天風呂で、Nさんは「これで(芝刈りで)胸を張って定山渓でラグビーができる」と話していました。さすがAチームの元キャプテンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月曜日)

激写

 ボロ雑巾さまから7月24日のテラス完成祝賀会の写真が届きました。

J01 J02 J03 J04 J05 J06 J07 J08 J09 J14






J10_2


J11_2 J12_2 J13_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP開設

 いつもお世話になっている北日本ターフマネジメントのHPが開設されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 金曜日から土曜日の未明にかけての雨は30㍉以上のまとまった量が降りました。これでまた1週間は水撒きしないで済みそうです。7月は結構、ギリギリのタイミングで雨が降ってくれて、水撒きを3、4回パスすることができました。1回6千円ほどガソリンがかかりますから、結構なものになります。

 ちなみに金曜日はJさんがメーンを、土曜日はH・GMが野球場を刈り込んでくれました。今週は今日(月)にボロ雑巾さまが両面を、私が水曜日に出動する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金曜日)

ようやく

 待望の雨が降りました。定山渓ダムで7㍉、小金湯で12㍉降りました。これで週末に水撒きをしなくて済みそうです。一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火曜日)

雨は…

 日曜から月曜日にかけて雨の天気予報でしたが、期待は外れ、お湿り程度しか降りませんでした。17日から18日にかけて北日本ターフマネジメントのSさんらがメーングラウンドのエアレーションをしてくれました。エアレーション後には雨が欲しいのですが、予報は最高でしたが、実際の天気は意地悪でした。

 19日は昼過ぎに定山渓に着くと、北日本ターフのSさんが丸太の処理、そして若手のスタッフの方がメーングラウンドの刈り込みをしていました。Sさん曰く、芝の伸びが速いとのことで、刈り込みをしたとのことでした。私は、雨が降らないようなので散水でもしようかなと思って出掛けましたが、まだ大丈夫とのことで、散水はやめました。その代わりにサブグラウンドの刈り込みをしました。木曜日にJさんが刈り込みをしてくましたが、野球場の方もかなり伸びてました。

 ところでトラクターに乗って怖かったのがスズメバチです。グラウンド全域に渡って警戒飛行を仕掛けてきました。早く巣を見つけて退治しなければ、けが人が出そうです。

 木曜日からは天気が崩れる予報です。ここで雨が降ってくれたら水撒きはしなくて済みそうです。もし降らなければ週末は水撒きです。

 

定山渓ダムの19日から20日にかけての降水量はわずか2㍉でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日曜日)

夜のBBQ

G071700deck  17日にクラブハウスのテラス完成祝いの宴を開きました。14人が参加し、ほぼ1年がかりで完成にこぎ着けたテラスで祝杯を挙げました。

 錦渓のシェフがその日釣ったという定山渓のイワナ、厚岸のカキ、I山さんが釣った積丹沖のホッケのチャンチャン焼き、木箱入りのメロンなどなど山海の珍味がもりだくさんで、シルクロードから焼き肉の差し入れもあり、食べきれないほどでした。北日本ターフさんから大量の飲み物をいただきました。ありがとうございました。

 祝宴の開始は午後4時。ボロ雑巾さまの発声で乾杯しました。それから深夜12時ごろまで延々8時間の宴会となりました。北日本ターフのS社長以下5人のスタッフの方々、今年は忙しくなかなか定山渓に足を運べなかったレンガ屋Yさんも加わり、賑やかに飲み食べました。午後10時過ぎにはドクターHさん夫妻も加わりました。

 山の中とあって屋外でのBBQに、虫の襲撃が心配されましたが、蚊取り線香をいくつも並べたせいか、驚くほど虫は出てきませんでした。

 さて、そろそろ寝ようかという段になって、鎌造が「怖くて2段ベッドのところで寝られない」と言い出しました。仕方なくボロ雑巾さまと3人でふとん置き場に寝ることにしました。すると鎌造が「まさか電気を消して寝るんじゃないでしょうね」と子どものようなことを言い出しました。ボロ雑巾さまが気を利かしてホールの明かりが入るように、ドアを開けたままにしました。

 怖いだの、嫌だだの言っていた鎌造でしたが、ものの3分ほどで寝息を立てていました。私は普段から暗室のような部屋で寝ているので、どうもホールから差し込む明かりが気になって仕方ありません。ついで枕がないこともあってなかなか寝付けませんでした。

 眠れずにいると、車に寝ていた誰かが、トレイにやってきて激しく吐いている様子でした。しばらくトレイで苦しんでいたようですが、いったん外に出た後も、嘔吐を繰り返しているようで、むせぶ声が丑三つ時の定山渓にこだましていました。

 そんなこともありましたが、なんやかんやで2時間ほど寝ました。4時前に目が覚めました。このまま寝ても寝付けそうにないことに加えて、この日は仕事があったこともあって一足先に帰りました。みなさん後片付けもしないで、帰ってしまい申し訳ありませんでした。

 この夜は子どもの鎌造にやられてしまいました。

G071701_2 G071704 G071703 G071702naito G071705 G071706

G071716

G071714 G071715

G071713

G071707 G071708 G071710 G071709

| | コメント (4) | トラックバック (0)

刈り込み

 15日はJさんが1人でグラウンド2面を刈り込みしてくれました。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木曜日)

研ぐ

 13日の火曜日は、ボロ雑巾さま、北日本ターフのS専務と定山渓で合流しました。芝の軸が立ってきたので、ロータリー式のトラクターでピッチ内を刈り込んでもらい、私は外周部を大型機で刈り込みました。

 今の定山渓グラウンドの芝生が全体に白っぽく見えます。Sさんによると、枯れた軸が立っているためだそうです。

 今年は芝の密度を高めるため刈り高を45㍉で設定していますが、昨年は60㍉の設定でした。60㍉の刈り高で刈っていると、芝は生長点が高くなるそうです。このため現在の刈り高で刈ると、成長点の部分まで刈ることになり、芝は枯れてしまいます。ただ、枯れた芝も生長するので、白い軸が立ってくるのだそうです。この前、芝が濡れた状態で刈り込みをしたところリールの刃に枯れ草がからんで固まっていました。犯人は枯れても伸びる芝の軸でした。

 私たちが刈り込みをしている間にSさんは丸太を切ってくれました。ただ、量が膨大で、簡単に片付きそうにありません。

 刈り込みが一段落した後で、芝刈り機の刃を研ぎました。トラクターは3枚、自走式は2枚の刃が付いています。Sさんが技術を駆使して刃を外してくれましたが、3枚のトラクターの方は、トラクターの下に潜り込む足場がないと、簡単に外すことはできない感じでした。

 外した刃は、サンダー(ディスクグラインダー)で研ぎました。あっと言う間になまった刃が指が切れそうな感じに仕上がりました。慎重なボロ雑巾さまは何度も何度も仕上げを確認して念入りに仕上げていました。ボロ雑巾さまは冬の間、北日本ターフさんの整備工場に行ってトラクターの分解・整備をする意向です。また一つ技術が身に付きました。
Sさんに教えてもらいながら、自分たちで整備ができれば10万円の節約になります。

 グラウンド状態はやや硬くなっているそうです。Sさんから雨が降る前にエアレーションをするよう指示を受けました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月曜日)

民主党大敗

 昨日は参院選でした。民主党が大敗しました。政治の閉塞・漂流状況が長く続きそうです。「汚い政治屋は一掃せよ!」みたいなことを声高に叫ぶ人気取りが出てくるのでしょうか。暗い時代です。

 土曜日は、定山渓に出動しましたが、またまた雨に降られました。大型芝刈り機の金具が壊れていましたが、あり合わせの部材で手直してから、メーンとサブと両面の刈り込みをしました。

 刈り込むと、前回と同じく刈り取り機の中に刈り草がたまって、後方に飛ばせなくなりました。芝が長くなっているのか、5㌢ほどの長さの草がドサッとかたまりで、芝生の上に落ちてしまいました。途中でリールにたまった草を取り除いたり、グラウンドに落ちてしまった刈り草を拾い集める作業が必要で、余分な時間を取られました。

 濡れた状態が悪いのか、機械の状態が悪いのか、それとも両方か。結構悩ましいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木曜日)

刈り込み

 6日はボロ雑巾さまがメーン・サブ両面を刈り込んでくれました。しかもロータリー式のトラクターで。このところ大型機械で刈っていましたが、芝の軸が目立つようになって来ました。ある程度の長さになると、リール式の芝刈り機では刈り込めなくなるのです。そこでトラクターの登場となりました。芝刈り機の幅が大型の半分で、その分、倍の回数を往復しなければなりません。4時間以上はかかったのではないでしょうか。そのうえ、燃料も満タンでした。お疲れ様&ありがとうございます。

 7日は私が出掛け、ササヤブ刈りとグラウンドの水飲み場の手入れをしました。風邪が抜けず、倒れそうになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月曜日)

テラスで乾杯

G0703ruondtable G0703t  全道大会初日の試合終了後、先日完成したクラブハウスのテラスで一杯やりました。昨年9月のプロジェクト始動から10カ月ついにお披露目となりました。

 普段は飲酒運転ができないのでこういうことは御法度ですが、この日は十数人が定山渓の錦渓に泊まる予定だったので、ビールを買って年代物の冷蔵庫で冷やして準備してました。

 気温も上がり、試合で汗を大量にかいた後だっただけに、ビールの味は格別でした。国立公園の中なので虫が多いのが玉に瑕です。クラブハウスのホールとととに少しずつ備品をそろえて、メンバーのくつろぎの場にしたいと思っています。

 北日本ターフのSさんから子供用プールの寄贈をいただきました。夏の日に子どもたちが遊べるようにということです。こうなると 去年から構想中の太陽熱温水供給システムの設置も真剣に考えなければなりません。 

G0703tanikuro_4 G0703mori_2 G0703tanaka_2 G0703uesaka_2 G0703woman_2 G0703arimaishiyama_2 G0703oddcupple G0703taketani_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全道大会

Hc11cteam Hc11team  北海道ラグビー選手権は3、4の両日、各ブロックの1回戦と準決勝が行われました。定山渓グラウンドでも2日間で20試合近くが行われました。Cチームは1回戦で美幌に快勝しましたが、準決勝では今年も走力に勝る道教大函館に敗れ、決勝進出を逃しました。コルツは1回戦は敗れたものの、北菱に勝ってブロック残留を果たしました。

 私は木曜日の作業中にずぶ濡れになった後、風邪を引いてしまい、ほとんど立っているだけでも精一杯というほど体調は最悪でしたが、試合にも出していただいたうえ2個のスクラムトライに貢献するという仕事もさせていただきました。原因不明のひざの故障はあったものの、致命的なけがはなく、無事苫小牧に帰ることができました。

 日曜日は最後の試合が終わった直後に結構強い雨が降り、2日間の試合で傷んだ芝生には恵みの雨になりました。これで水撒き1日分ガソリン代6000円の節約になります。

 転勤直後にもかかわらず大会運営を見事に仕切っていたUさんはじめ、この大会のために毎年駆けつけてくれるメンバーの方々、いつもながらの現地のみなさん、お疲れまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金曜日)

雨が目にしみる

 1日は刈り込みと散水に行きました。雨が欲しいところでしたが、午前と午後に雨が降りました。恵みの雨となりました。

 午前中ににわか雨の予報もあったので、できれば早めに刈り込んで天気の様子を見ながら水撒きをしたいと思って、10時前に定山渓に着きました。雨が降っていましたが、道は濡れていましたが、木陰はまだ乾いている部分もあり、グラウンドに着く前から雨が降り始めたようでした。

 芝はそれほどぬれていないようだったので、メーングラウンドから刈り込みを始めました。月曜日にボロ雑巾さまが刈り込みをしてくださったので、グラウンドの外側を刈っているうちは刈った草の長さも丁度いい感じに見えました。外周部を刈り終え、ピッチ部分に入った辺りから様子がおかしくなりました。普段は機械の後方に草が出てくるのですが、そのうち刈られた草が刈り込み機の前の方に散るような感じになりました。「おかしいなぁ」と思っていると、方向転換する度に刈った草の固まりがドサ、ドサと落ちるようになりました。

 機械を降りて、草を刈る回転刃を見ると、刈った草がかたまりになってからまっていました。濡れた状態だったため、刈った草を飛ばすことができず、刃の中にまでたまってしまったようです。グラウンドの3分の1ほどで作業を中断して、草を取ることにしました。草を落とし終わったころには、雨も上がりました。

 とりあえず、メーンの刈り込みを終えた後、雨がどれくらい土にしみこんだか見るため、スコップで芝を起こしてみました。残念ながら土の中は期待したほど浸透していませんでした。午後から雨が降ることは期待しないことにして、今一番、グラウンドに必要な水撒きをすることにしました。野球場の刈り込みは、午後から来てくれる予定のJさんにお願いすることにしました。

 水撒きは、月曜にボロ雑巾さまがSさんと、火曜日は私とボロ雑巾さまと2人でやりましたが、重労働です。作業は、スプリンクラー、とホース、ポンプをつないでエンジンを掛けて、散水するという段取りです。1人でやると大変です。

 まず井戸・ポンプからスプリンクラーまで近いところでも30㍍、一番遠いところでは100㍍近く離れています(野球場では最低100㍍)。スプリンクラーをセットして、井戸まで戻って、ポンプのエンジンを掛けます。普通ならこれで済むのですが、井戸の水量が不足気味のため、スプリンクラーが完全に作動しません。スプリンクラーの散水栓を引き出してやる必要があります。

  スプリンクラーを移動し、井戸に戻ってエンジンを掛け、もう一度スプリンクラーに戻って散水栓を引き出すという作業になります。1回の移動で最低2往復のダッシュが必要です。しかも散水栓を引き出す時に、全身水を浴びることになります。さらに悪いことに、エンジンのガソリンの1回の給油が5㍑ほどで、3回の移動させると燃料切れになります。井戸は2カ所ありますが、これも50㍍以上離れています。この間をタンクを持って行き来することになります。

 1カ所での散水時間は20分。グラウンド半面で12回の移動が必要です。スプリンクラー2台を使っても、移動時間を入れて1カ所に30分必要として6時間かかります。
この間、2カ所の井戸、2台のスプリンクラーの間を駆け回ります。火曜日は午前10時過ぎに着いて3時ごろまで延々と水撒きをしましたが、それでもインゴールの2カ所の水撒きができませんでした。

 スプリンクラー2台を設置しおえたころに、Jさんが到着しました。Jさんには水撒きの簡単な手順を見てもらった後、野球場の刈り込みをしてもらいました。私は水撒きの間に午前中の刈り込みで大量につくってしまった刈草のかたまりを拾うことにしました。刈草のかたまりは芝にとても悪のです。

 Jさんが着いた時には太陽が顔を出していましたが、スプリンクラーの移動が3回目になったころで、雨が落ちてきました。野球場での刈り込みも大変です。本降りになってきたので、スプリンクラーを止めて、草拾いの方に専念しました。ずぶ濡れになりながら、刈草拾いをしましたが、一輪車3台分にもなりました。草の状態もよく確認しないで刈り込みをした罰というか、定山渓の雨は目にしみました。

 ずぶ濡れになったせいでしょうか、家に帰ると、のどが痛くなり、寝るとすごい盗汗がでました。今日一日、寒気がしました。完全に風邪を引いたようです。明日は雨の予報ですが、雨の中で試合できるでしょうか。不安です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »