« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水曜日)

ベスト8ならず

 サッカーW杯で日本代表は決勝トーナメント1回戦で、延長戦で0-0の引き分けの末、PK戦で敗れました。勝ち進むにはこれしかないという試合展開でしたが、運が尽きました。頑張り抜いた選手たちに拍手を送りたいと思います。

 試合は、苫小牧の某居酒屋で見ていました。連日の寝不足と、猛暑の中の水撒きの疲労もあって試合の途中で寝てしまう不覚を取りました。

 予想外の日本代表の活躍でしたが、私には大学野球の某国立大学の快進撃とダブります。一つにまとまったチームは強い、ということをあらためて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月曜日)

種まき&刈り込み

 週末からの猛暑が続く28日は、ボロ雑巾さまとSさんが種まきと刈り込みをしてくれました。今週末は全道大会ですが、種の発芽を促すために散水が重要だそうです。

 水撒き隊助っ人募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水曜日)

テラス完成

 22日はボロ雑巾さまとマサアキ君が定山渓に行きました。
 テラスがついに完成しました。あとはシラカバを囲むテーブルの制作と、周囲の柵などの仕上げになります。

 作業は、ササヤブ刈りをしたあと、ボロ雑巾さまが野球場を刈り込みました。芝の穂が出てしまったメーングラウンドは、Sさんが集草機付き機械を持ってきてくれて、刈り込んでくれました。グラウンドにどこかのアメリカンスクールのような子どもたちが訪れました。刈り込みをすることを伝えると、快く移動してくれました。裸足で駆け回って、妙に絵になっていました。

 23日の夜には待望の雨が降りました。20㍉近いまとまった量で、これで水撒きを2回回避することができました。1日の散水でガソリンは20㍑は使うので、ほっとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日曜日)

 18、19日は連続の定山渓通いでした。

 久しぶりの雨の後、一面の緑の絨毯を期待したのですが、18日のグラウンドは、芝が種を付けていて、全体的に白っぽく見えました。2面とも刈り込みましたが、芝は元気がないよう見えました。

 水不足の影響で、芝が生き残るため、急いで種を付けたようです。自分はこのままでは生きていけないので、種を作って生き残りを図る選択なのだそうです。ということは、芝の状態がよくないということです。

 日曜日から月曜日にかけて雨の予報で、干ばつの心配は遠のいたようですが、新たな問題が生まれたようです。Sさんが肥料散布の準備をしています。

 土曜日は、道路脇のササヤブ、イタドリ刈りをしました。イタドリの生長はすごく、あっという間に背丈を超えるほど伸びていました。暑さもあって体力を消耗しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水曜日)

するり

G0613g2 G0613g1_2  暑い日にラグビーでした。私はフロントローの人手不足もあって、今季初めて若い人たちの試合に出ました。

 試合開始早々、やってしまいました。相手のタッチキックを狙ったPK、ノータッチに備えるバックスとバックローの間に大きなスペースが空いていることに気付いた私は、のこのこライン際に陣取りました。

 すると、相手のキックがまんまと私に向かって飛んでくるではありませんか。「ナイスポジション! 年の功だな」と思いました。ボールが来るまで1秒ほどもなかったと思いますが、別のことも頭をよぎりました。道楽者さんのブログです。その瞬間、ボールは私の腕の間をスルリと抜け、後ろに転がりました。ウイングが難なく処理してくれて事なきを得ましたが、穴があったら入りたい気持ちでした。

G0613oldshark2  私とは逆に、還暦を過ぎても元気なのが、ボロ雑巾さまです。この日の試合でも、ここぞというところでタックルに入り、自陣深くにけり込まれたボールをあきらめにず追いかけ、ビビッた相手のミスを誘い出す離れ業まで見せてくれました。1980年代から90年代かけてのスコットランド代表にホワイトシャークの異名を取ったジョン・ジェフリーという名フランカーがいました。ボロ雑巾さまはオールドシャークとでもいったらいいのでしょうか。写真はオールドシャークが獲物を追いかけているところです。すごいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏到来

G0612mg  12日の土曜日はいきなり夏が来ました。ボロ雑巾さまとテラスのデッキ組み立ての仕上げをしましたが、厳しい夏の日差しに脱水症状の一歩手前になりました。

 暑さのせいか、組む木の本数を1本多くして、うまく組めなかったりして大混乱。結局、最初から組み直すことになってしまいました。結局、夕方くらいまでかかってしまいました。後はシラカバの木をテラスに組み入れる仕上げのさぎょうだけです。3月の作業を始め、ゴールデンウイーク中の完成を目指していましたが、雪解けの遅れや天候不順で予定が大幅に遅れて、全道大会のデビューとなりそうです。

 途中から私は水不足が目立ってきた野球場の水撒きをしました。今年初めてでこちらも水を撒き始めるまでに1時間ほどかかってしまいました。それでも何とか、茶色に変わりつつあってインゴールと旧内野グラウンドに水を撒きました。何ごとも最初は難しいものです。

G0612tsutsuji ツツジが咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 午後2時ごろから待望の雨が定山渓にも降ってきたようです。干天の慈雨です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月曜日)

火事

 「市内の見山町の火事で3人死亡」の電話でたたき起こされました。急いで会社に向かい、ドキドキしながら現場の記者たちの取材を待ちました。

 母親が子ども4人を預けた祖父母の家で、今日の午前5時過ぎに火事が起き、子ども3人が亡くなるいたましい火事でした。

 そんな訳で週末の報告は明日します。

 今日はボロ雑巾さまと北日本ターフのみなさんが刈り込みと散水をしてくれました。

 

ところで水曜日から木曜日にかけて雨の予報です。干天の慈雨になるでしょうか。ただ、過去3年の経験では、大概は期待は裏切られています。ボロ雑巾さま、雨乞いお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金曜日)

快進撃

 全日本大学野球選手権でわが母校の北大が快進撃を見せてくれました。全日本初勝利に続いて、昨日は広島経済大を相手に2勝目をあげ、今日は学生野球の聖地・神宮球場で八戸大と対戦。惜しくも延長14回、3-4でサヨナラ負けしました。4強入りの快挙の一歩手前まで行きました。試合は失う物が何もない強みというか、選手たちはシード校の八戸大にくらいつきました。堂々たる戦いぶりでした。本当に立派でした。

 できれば、普段は試合を組んでくれない東都や東京6大学のチームとの真剣勝負が見たかったのですが、これ以上のものを望むことは欲張りというものでしょう。(私の頃は試合をやっても2軍相手でした)テレビ画面を通して見たスタンドには、懐かしい顔もありました。

 前季最下位からの全日本出場、理系の選手が多く実験などで夕方の練習に集まれないので朝に全体練習をするとか、いろいろと話題も提供してくれました。朝練はどこまでやったかは分かりませんが、もし私が現役だったら朝6時から練習を毎日やられたら確実にやめていたでしょう。でも本当にやり抜いたとしたら凄いことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水曜日)

雨が

 定山渓に雨雲が迫っています。これでザァーと降ってくれたら、文字通り恵みの雨です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強トリオ

 8日の火曜日は、JさんがMさんとGさんを連れて駐車場の生け垣の始末をしました。まさに屈強な男たちです。おそらく国内史上最強の造園作業トリオでしょう。40~50㍍はある生け垣の灌木が取り除かれ、きれいになくなりました。カメラを忘れて、写真が撮れなかったのが残念でした。

 ボロ雑巾さまは、グラウンド2面を刈り込みました。デッキの仕上げをする予定でしたが、力尽きました。

 芝の病気は、土曜日に撒いた殺菌剤と肥料の効果が出て止まったようです。連日の晴天で、散水の季節が来ました。北日本ターフのSさんによると、表土が薄い野球場の内野とインゴールが早く乾燥するようで、散水をしました。ただ、スプリンクラーの不調で一部を撒いただけで中止となりました。

 Sさんによると、エンジンポンプは1回の給油(ガソリン5㍑)で2時間稼働するとうことです。水量が十分なら直径50㍍を撒けて、1カ所に付き20~30分で、移動させていくそうです。真夏なら1日がかりの作業になるそうです。天気次第ですが、今年は何回、散水をすることになるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月曜日)

いい天気

 5日の土曜日はいい天気でした。今年は春から天候不順が続いています。木曜と金曜は春先に逆戻りしたかのような冷え込みでしたが、土曜日は打って変わっての快晴と暖かさでした。このところ、週末だけは天気に恵まれています。

G0605sanpu  さて病気が広がり始めた芝生ですが、早速、北日本ターフマネジメントのみなさんが消毒剤と肥料散布の手当をしてくださいました。機敏な対応でいつもありがとうございます。

 グラウンドでは、ジュニアが札幌RSと合同の練習(試合?)をして、いつも以上に賑やかでした。われわれおじさんチームも東海大札幌と試合をしました。試合の方は、私の判断ミスもあり、負けてしまいましたが、トライを奪えば、逆転という接戦で最後まで盛り上がりました。

 特筆すべきは、この日のFWでしょう。平均年齢45歳以上は確実、ひょっとすると50を超えていたかもしれません。1列はKさん(40代後半から50代)、N山さん(49)、私(49)。ロックは名アナウンサーのNさん(54?)、Oさん(?)、バックローは、ボロ雑巾さま(62)、仙人Mさん(56?)、GMのHさんのメンツ。Hさんが「僕が最年少というのは初めて」と感慨深げに話しておりました。後半も崩れず、何とか踏ん張っていました。最後のプレーで、自陣深くけり込まれたときは、だれ1人として戻ることはできませんでしたが…。

G0605terrace1 G0605terrace2  最終段階を迎えたテラスづくりですが、大詰めを迎えました。9枚のデッキのうち、8枚が据え付けられました。進捗率89%です。あとはシラカバの木を取り入れる仕上げです。今年から滝川勤務になったM先生が息子と一緒に顔を見せました。テラスに上がって「これでブログデビューですね」とくつろいでいました。全道大会にはメンバーの最高のくつろぎの場となるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木曜日)

首相退陣

G0602mg  鳩山首相が退陣を表明した2日は、マサアキ君に久しぶりに刈り込みに行ってもらいました。前日の3者会談で、だれも続投を言ってなかったので、退陣が近いとは思っていましたが、翌朝に表明するとは思ってもいませんでした。少しでもよい方向に行ってほしいものです。

G0602mg1  マサアキ君は10時ごろに定山渓に到着。メーンとサブの両面、さらにグラウンドの周囲、工事が行われているクラブハウス前庭まで刈り込みをしてくれたそうです。芝は水不足なのか、元気がなく、一部に枯れ始めたような状態もありました。Sさんに聞くと、「肥料不足と水不足のようです。今週中に肥料を撒きます」とのことでした。北日本ターフマネジメントさんにグラウンド整備で協力をしていただく以前は、手押しの肥料散布機で撒いていました。今は機械力で作業をしていただいています。本当にお世話になっています。

 完成まであと一息のテラスですが、マサアキ君は土台の角材に防腐塗料を塗ってくれたそうです。なんだんかんだで3時くらいまでかかり、引き上げたということです。

G0602koringo G0602koringo2  クラブハウスの玄関前にあるエゾノコリンゴの花が満開でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 定山渓に雨が降っているようです。あとはどれだけ降るか。やや芝生が元気がなかっただけに、干天の慈雨になってくれたら最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火曜日)

直撃

G0531mg1 G0531mg2  31日の月曜日は盛りだくさんの1日でした。前の日に続いていい天気でした。ボロ雑巾さま、ニューパワーのJさんも加わり、懸案のテラスの土台作業を手始めに、刈り込み、グラウンド周辺の手入れとほぼ1日中外にいました。

 北日本ターフのSさんと若い人が作業をリード。若い人といっても彼がこの日の主役でした。私たちは左官のまねごとの手伝いでしたが、彼は基礎づくりから土台組みまで何でもこなしてくれました。途中でボロ雑巾さまは刈り込みに移行、遅れて参戦したJさんは、この日も1人で駐車場横の手入れに励んでいました。私はサブグランドの近くで水を使えるようにホースと格闘しました。

 しばらくしてボロ雑巾さまは土台づくりに精を出し、Jさんはサブグラウンドの刈り込みへ。私はそろそろ笹の新芽が目立ってきたグラウンド縁の刈り込みをしました。

 木と生け垣の間を手押し芝刈り機を縫って走らせながら、慎重に作業を進めました。しばらく刈り込んでいると、先日の植樹祭の時に穴を掘った時に出た石が転がってました。芝刈り機を走らせたまま、石を拾っていると、左腕に衝撃が走りました。芝刈り機がはねた直径5㌢ほどの石が腕を直撃したのでした。骨に直接当たったかのような感じでした。体に密着するタイプのシャツを着ていましたが、シャツの外側からでも分かるほどみるみる腫れてきました。

 骨が折れたかと思うほどの衝撃でした。「芝刈りをする場所に石を置き放しにするなんて」とやり場のない怒りをぶつけてみましたが、機械を止めずに別のことをやろうとした私の不注意が最大の原因でした。

 あとでSさんに話すと、「石は危険です。はねた石が足や車を貫通することもあります。私は車や人が近くにいるときには絶対、作業はしません」とのことでした。幸いにして帰り道にアイシングをして、腕を圧迫したところ、痛みは残りましたが、大事には至らなかったようです。腕ではなく、頭に当たっていたらと思うと、ぞっとしました。気をつけます。

G0531t  テラスの土台はあと少し作業が残りました。もう少しです。

 ところで、天気予報では今週はずっと晴れの日が続きます。いよいよ水不足=水撒きの季節が来そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

完敗

G0530mg  5月30日の日曜日は非常によい天気でした。ただ、ウォーリアーズとのヒグマリーグ戦は完敗でした。若さはつらつの選手たちにおじさんチームは受けに回り、圧倒されました。立ち上がりにノーホイスッルトライ(?)を奪われ、ミスも続出のふがいない戦いに、気合を入れまくっていたHさんも途中で疲れたのか、あきれたのか妙に静かになりました。

 私はたまにボールを持っても簡単にジャッカルされるなど散々。スクラムだけは抵抗しましたが、そのせいでひどく疲れました。随分、疲れる試合でした。

 前日の土曜日には、ボロ雑巾さまがメーンとサブの両面を芝生の刈り込みをしてくれました。練習が終わった後、1人で3時間以上かかったそうです。終わったのは5時前だったそうです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »