« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金曜日)

モズの早贄

G0527mg G0527mg2  昨日(27日)は雨がようやく上がった頃を見計らって、定山渓に行きました。雨は上がりましたが、何か春先に逆戻りしたかのような寒い1日でした。

 この日は、Jさんが仲間に呼びかけて、入り口側の生け垣をきれいにする作業をする予定でしたが、あまりの冷え込みにキャンセルとなりました。やはり南太平洋の島国の人たちには、寒い中での外での作業は拷問になりかねないですから。

 定山渓に着いたのはお昼ごろ。まだ小雨がちらついていました。ガソリンスタンドに行って、ガソリン、軽油、混合油と買ってきました。いろいろと機械類も増えて3種類も必要になりました。北日本ターフマネジメントのSさんに、刈り込みの指示を受けて、これまで通りのトラクターで刈り込みました。

 この日はボロ雑巾さまはお仕事で、久しぶりの1人での仕事になりました。去年は刈り込みの主な仕事はボロ雑巾さまにお任せして、周辺の雑用をしてきたので、グラウンド2面全部を1人で刈り込むのはいつ以来でしょうか。思い出せないくらい前のことのようです。おそらく陸上競技場だったメーングラウンドのトラックを芝生化してからは初めてだと思います。

 以前に比べて倍近く芝生の面積が広がり、時間がかかりました。メーンに2時間以上、サブに1時間ちょっとという感じで、全部刈り終えるまで3時間以上かかりました。週末に備えて、芝の斜面も刈り込みました。

 一通り刈り込みを終えた後は、以前に下枝刈りをしたサブグラウンド奥の松の後片付けをしました。急傾斜の場所でやや手こずりながら、10㍍ほど離れた場所に枝を運びました。あと後1本の片付けで終わるところまでこぎ着けましたが、その1本の半分を残して力尽きました。

G0527bee  一息ついて斜面に立っている木を見ると、小枝にマルハナバチのようなハチが逆さに刺さっていました。モズの早贄(はやにえ)、生け贄というものでしょうか。本当にあるのですね。生まれて初めて見ました。

 今年もパークゴルフ場との境界に網が張られました。朝から業者の方が作業をしていました。帰り際の見ると、なんと一部で1㍍ほどバーバリアンズのグラウンド側に網が移動していました。2カ所ほどグラウンド側 に1㍍ほど張り出していました。面積にして10平方㍍ほどでした。写真で左側に枯れ葉がたまっているのが以前の境界です。G0527fence_2 今年からパークゴルフ場を広げることになったのでしょうか。大家に知らせずに勝手にやってのでしょうか。「責任者出せ」、と言いたかったのですが、業者さんは帰った後でした。

 PS クラブとして了承したそうですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火曜日)

NZパワー

 24日は2日連続で定山渓に行きました。夕方から雨の予報が大外れで、午前10時前に定山渓に着くと、小雨が降り出しました。

G0524jamie  北日本ターフのS専務ら2人が朝早くから来て、大型芝刈り機で刈り込みをしてくれていましたが、かなり芝生が伸びていました。私とボロ雑巾さま、それに今年からコーチでバーバーズに戻ったニュージーランダーのJさんも作業に加わりました。操作方法を教えてもらった後、早速、バーバーズ芝刈り隊に交代しました。

 Sさんは、懸案のテラスの土台作業をしてくれました。刈り込み作業を終えた私たちでしたが、水平を取ったりする微妙な作業でグラウンド内の手入れをすることにしました。ここで猛烈な意欲を見せたのがJさんでした。「駐車場をきれいにしたい」とチェーンソーやレーキを持ち出し、道路脇の生け垣の整理を始めました。横に伸びた枝も切るなど、すごい勢いで刈り込んでいきます。

 休憩をしていると、「木曜日にガスやみんなを集めて、作業したい。何時に来られますか。木曜日は1日がかりでやりますよ」。私もたじたじの勢いです。

 4年目の定山渓グラウンドでしたが、芝や周囲のササヤブに気を取られていて、クラブハウス、グラウンドの顔である入り口、駐車場の整備がおろそかになっていました。Jさんにはクラブの顔が汚いままで放置されてきたことが許せないことのようでした。短期間のうちに仕上げる勢いです。バーバリアンズ芝刈り隊に強力な人材が加わりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ノックオン

 23日のおじさんチームは、道工大、東海大札幌と25分ハーフの三つどもえ戦でした。何とかなるかと考えて臨んだ試合は、両ハーフともに完敗でした。

 原因はアップ不足のようでした。先週はYトレーナーの強力指導で、地獄のアップで息を上げてから試合に臨み、好結果が出ました。しかし、Yさんは、函館遠征のAチームに帯同し、不在でした。

 先週、Yさんマジックでトライを挙げたMさんは先週のアップをなぞって念入りに準備運動をしていましたが、他のメンバーはほとんどアップなしで試合に臨みました(私は、某教頭先生とアメフト遊びでアップは十分でした)。最初の道工大とのハーフはキックオフ直後から、学生に押しまくられ、あっという間にトライを許しました。最初の方は攻め込む場面もありましたが、次第にやりたい放題にやられました。

 次の東海大戦も同じようにつなぎまくられ、これまた完敗しました。ミスのオンパレードでした。展開、少し前進、ミス、後退。反則、後退の繰り返しで、体力を消耗。最後は完全に足が止まってしまいました。最後にワントライを返しましたが、若者にいいようにやられました。私はN氏が絶好のパスを受けながら、ギャラリーの目の前でノックオン。N氏からは「誰か分かっていたらパスしなかった」と言われてしまいました。

 ゴールデンウイークにも対戦した道工大は、バーバーズのベテランKさんがハーフに入ったことで、見違えるほど試合運びが安定していました。「フォワードを疲れさせない」ゲームメークのKさんに感心しました。

 定山渓のサクラはほとんど散っていました。花の命は短い。

G05231 G05232

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木曜日)

満開

 19日は札幌市内で人間ドックを受けた後、定山渓に行きました。3日前の日曜日はつぼみだったサクラが満開になっていました。野球場は、上のパークゴルフ場のサクラと一体になってピンクの花の帯のように見えました。

 このところの温かさで芝生も伸びていましたが、月曜日に北日本ターフのS専務がフィールドの主な部分を刈り込んでくれていました。私は残った周辺の部分を刈りました。また、月曜日にテラスの土台の石の配置もしれてくれました。また、目土用の土も入っていました。芝生は温かくなって成長も良好のようです。

 流し台を入れたメーングラウンドの蛇口の手直しをしましたが、悪戦苦闘の末、口径の
違う部品をつなぐ部材がないことがわかり、途中のパイプを3㌢ほど短くするだけでやめました。この後は、野球場のセンター奥のマツの枝払いの後始末をして、グラウンドを3周走ってから帰りました。温かくていい1日でした。

 ところで新しい施設の工事が始まっていました。この施設を維持し最大限活用することができば、クラブとして1段上のステップに上がる、と考えています。

G0519cb1 G0519cb2G0519cb3_2 G0519cb4 G0519cb5

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年5月18日 (火曜日)

ヨコヤマ・マジック

G0516mgG0516miyahara 16日の有惑クラブとの試合、私は首が回らなくなりましたが、仙人さまこと、バーバリアンズ・シルバークラブのナンバー2のMさんがトライをしました。

 40歳以上の選手が多いバーバーズでも、毎週欠かさず試合に出場する50歳以上の現役選手は、62歳のボロ雑巾さまを筆頭に、Mさん、名アナウンサーのNさん、Mドクターのわずか4人です。私も8月には入会の予定です。熱血教師のN山さんもすでに入会しているかもしれません。

 この日は試合前にチームトレーナーのヨコヤマさんが、おじさんたちに過酷なアップを指導してくれました。跳んだりはねたり、ひねったり曲げたりでいじめられたおじさんたちは、悲鳴を上げながらも何とかこなしました。息絶え絶えの人もいましたが、この準備運動は効果が絶大だったようで、Mさんは動きが軽快でした。試合の終盤に高速バックス陣をフォローして、左隅にトライを決めした。このトライは激写されたようです。

 これまでほとんどアップをしないで、試合に臨んでいたおじさんたちの意識改革につながりそうな、ヨコヤマ・マジックでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月曜日)

サクラはまだ、故障2

G0516kobushiG0516yama  16日になっても定山渓グラウンドのサクラは咲いていませんでした。隣の山ではコブシが咲いていました。故障続きの中古車ですが、体の方も中古車並みに壊れてきたようです。

 昨日の試合の相手は、40歳以上の不惑チーム。相手にはバーバリアンズ最高齢のボロ雑巾さまの62歳をさらに上回る66歳の人をはじめ、ベテラン揃いのチームです。

 30人近いメンバーが集まったため、私は前半の出場で、しかもスクラムがノーコンテストでした。スクラムに力を割くことなくランニングプレーができる、との考えもできそうでしたが、現実は冷酷でした。

 ゴールを背負ってのペナルティーで、相手が攻めてきました。1度タックルに行ったのですが、これが力負けというか、うまく倒せませんでした。次にモールができて、そこから私の方にまた、相手がボールを持って走ってきました。その選手はそれほど体格のよい人ではなかったのですが、タックルに行った瞬間に首から背中にかけて電気が走りました。

 グッギ、とでもいいましょうか。首から背中にかけて痛み、肩もよく回りません。不惑チーム相手にけがをするとは…。いつまでも若いつもりでいましたが、自信喪失です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故障

 この週末は2日間とも定山渓詣でをしましたが、車の故障もあって苫小牧-定山渓-石狩の花川と札幌市の東西南北をぐるっと回るコースで結構疲れました。

 ケチのつけ始めは、金曜日の朝でした。夜勤だったので、午前中は暇でした。そこで車のオイル交換をしようと思い立ち、車屋さんへ出かけました。そこで「オイルがもっています。ここでは直せませんので、ディーラーか自動車修理工場に持っていて下さい」。

 焦りました。週末には定山渓に行く予定で、今度の水曜日には人間ドックが受けるため高速を飛ばして札幌の検査センターに朝一番で行かなければならないからです。

 家に戻り、中古車を買ったディーラーに電話を入れました。「明日、ちょうど札幌に行く用事があるので、修理をしたい。代車を出してほしい」。ところが「月末まで込んでいて代車の手配できません。でも明日なら夕方の5時まで代車は使えます。エンジン系統のことなのでとりあえず持ってきて下さい。あとのことは車を見てから」とのつれない答え。それでも仕方がないので午前9時半の開店に合わせて、苫小牧から石狩の花川に出かけました。

 石狩の花川から、1時間10分かけて定山渓に到着しました。グラウンドではラグビーアカデミーの学生やらジュニアやら100人近くはいたようで、駐車する場所もないほどの賑わいようでした。ボロ雑巾さまも来られる予定でしたが、急用が入り欠席されました。とりあえず、グラウンドが使われていたので、春先に枝払いをした野球場のセンター奥の松林の後片付けをしました。枝を一カ所に集めて、芝刈り機を入れると結構、きれいになりました。この後、RyuさんとドクターH氏が、野球場のライン引きをしていましたので手伝いました。そして、解散しました。

 さて定山渓を出て、故障車を入れた石狩の花川のディーラーへと向かいました。最悪の場合、即修理=代車なしで苫小牧に帰らなければならないこともあり得ました。さいわい点検の結果は、エンジンオイル漏れではなく、ATFか何かの部品の故障でした。 しばらくは車に乗っても大丈夫ということで、週末に車を使えないという最悪の事態は避けられました。ただ、修理費用の見積もりは何と6万円でした。

 3年前に55万円で買った中古車は1994年車で、昨年秋くらいから故障が頻発しています。今年の3月までは中古車の保証期間内で救われていましたが、保険期間が終わった途端の故障でした。このところは金属部品がすり切れているような故障が続いています。そろそろ寿命とも考え始めていますが、去年の11月に車検を取ったばかりでもう少し頑張ろうかとも考えたりしています。そんな揺れ動く心を見透かされたのかディーラーの人は6万円の修理見積もりと一緒に、60万円の中古車の見積書も一緒に持って来ました。

 気持ちが揺れ動く中で苫小牧に帰りました。あれやこれやで動揺していたのでしょうか。家に着くと、電話が鳴りました。「代車に携帯を忘れてましたよ。どうします」。 「明日取りに行きます」

 ということで2日連続で苫小牧-定山渓-石狩ー苫小牧の旅をすることになりました。お粗末な話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金曜日)

スラックライン

 苫小牧関係の人のブログを見ていたら、定山渓グラウンド向きの遊具を見つけました。スラックラインといって綱渡りのような遊びです。

 アマゾンの商品説明では「一言でいうと"綱渡り"です。以前から山を登るクライマーたちがオフに遊びでやっていたものがおもちゃとなって今日ではヨーロッパを始め世界の各地で徐々 に熱く人気となっている全く新しいスポーツなのです」と書いてました。高齢者のリハビリにいいかもしれません。どうです、ボロ雑巾さま。

 このほかにも国立公園内の定山渓グラウンドにふさわしい遊具があるかもしれません。探してみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木曜日)

寒の戻り

 いったいいつ暖かくなるのでしょう。きょうの午後6時現在の気温は5度でした。これでは芝生も伸びないでしょう。いつになったら刈り込みが始められるのでしょうか。

 明日はまだ寒さが続きそうですが、土曜日は最高気温が15度を超えるようです。定山渓のサクラは咲いているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月曜日)

ゴミ拾いと植樹祭

G0509  9日の日曜日は、朝の8時半から定山渓の地域の春のゴミ拾いと、定山渓グラウンドでの植樹祭のイベント、さらに試合と、盛りだくさんの1日でした。

 町内会のゴミ拾いは、地域ごとに町内の人が分かれて総動員で行われました。バーバリアンズのメンバーも参加しました。定山渓の温泉街の道ばたのゴミはきれいになくなりました。

 手前味噌ですが、前の日に見た感じでは、昨年、ササ刈りをしたグラウンド脇は見通しがよくなったためか、これまでに比べて空き缶などのポイ捨てのゴミが少なかったような感じがしました。荒れ放題ではゴミも捨てやすいのでしょうか。

 昨年の植樹祭は天候不順もあってか、小さな苗木が3分の2くらいが死んでしまいました。今年も同じような苗木が植えられていましたが、昨年の二の舞にならないよう祈っております。子どもたちがサクラを植えるなか、私はコソッとサブグラウンドのバックネット裏にブドウの苗木2株を植えました。同じ年のN山に手伝ってもらいました。周りの人から「何をやっているんですか」と聞かれ、「バックネットにブドウをならせたくて」と答えると、「それはいいですね」との返事が返ってきました。3年後が楽しみです。会場では、定山渓の青年部の方々が豚汁とおにぎりを提供してくれました。ものすごい量を手際よく出してくれました。

G0509deck1 G0509deck2  また、建設途中のテラスですが、デッキ3組分だけ出しました。子どもが「これは寝ころべるね」と喜んでいました。S専務は早くも完成に向けて、「このシラカバにハンモックを…」と構想を練っていました。ただ、作業は遅れ、完成は6月に入るかもしれません。

 試合は3試合が行われました。私は最後の試合に出ましたが、落ち着かない試合で、ただ、ボールを追って走り回るだけで終わってしまいました。試合後には、1輪車1杯分でしたが、傷んで穴になっているところに目土をしました。数人のメンバーが快く協力してくれました。

 さて、来週末は定山渓のサクラも見頃となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴刈りとササ刈り

 8日の土曜日はジュニアと大人チームの定山渓で初めての練習が行われました。私は練習はせず、芝生班のみなさんと、定山渓で柴刈りとササ刈りをしました。

 11時くらいに行くという宣言をしていましたが、小雨が降りしきるなか、Uさんは10時前から出て、1人で小枝や枯れ枝拾いをしてくれました。私が着くと、2カ所に枯れ枝を集めていました。拾い集めた柴は結構な量になりました。Uさんは「物語でしか知らない世界が体験できるな」となにやら感慨深げでした。

 柴刈りが一段落したあとは、グラウンド脇のササヤブ刈りをしました。こちらは昨年、刈り取ったササは子どもみたいもので、非常に楽でした。スズメバチが飛び回っていて、去年の夏に刈り残したところは背丈ほどもあるササが生い茂り、こちらは格闘しました。柴刈り名人のNさんが所用で来られなかったので、Nさんのために一部を残しておきました。

 翌日に備えて、小樽のボロ雑巾さまのお宅に泊めてもらいました。錦渓でお風呂に入れてもらったあと、小樽に向かいましたが、2人とも疲れていたのか、車2台で行ってしまいました。途中で気付きましたが、後の祭りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水曜日)

春の妖精

G0504mg  4日はようやっとグラウンドの作業ができました。気持ちよい青空が広がり、要約春が来たことを実感できました。この日の作業はエアレーションと肥料散布です。

G0504hiryo  北日本ターフマネジメントのS専務が朝一番からトラクターでグラウンドに穴を開けていくエアレーションの作業をしてくれました。私は午前9時半ごろに到着。なぜかSさんの姿がありません。しばらく周囲を見回って着替えていると、Sさんがこちらに歩いて来ます。エアレーションをしているうちに地面の底の硬いものにエアレーションの刃が当たって「ギアボックスが壊れてしまった」と言います。急きょ、クラブのトラクターを出して作業をしてもらいました。機械を出すときにトラクターのエンジン周りをみてもらいました。不凍液が減っていた他は「新品同様」とのお墨付きをいただきました。

G0504bg G0504mg2  グラウンドは雪解けが遅かったことで雪腐れ病が目立っていました。雪の下にいる間に刈り残しの草などに菌が繁殖して、芝を溶かしてしまう病気のようです。例年なら4月中旬には雪解けとなり、病気が出てもグラウンドを使う4月後半には芝も再生してきて問題はないのですが、今年は再生ができないうちにグラウンド使用となります。芝がダメージからどれだけ回復できるか、心配だそうです。

 Sさんがメーングラウンドのエアレーションをしている間、先日、サポーターのO会社の関係者の方に手入れをしていただいたグラウンドの水回りで、雪に埋まっていた外側の配管作業などをしました。見よう見まねでしたが、何とかできました。これなら資材だけ買ってきて自力でできそうでした。グラウンドをのぞきに来たHさんから「職人さん」と声を掛けられました。

 昼に近くなった頃、ボロ雑巾さまがいらっしゃいました。丁度よい時間だったのでコーヒータイムにしました。Sさんにエスプレッソ風コーヒーを煎れていただきました。暖炉の前で話をしていると、たじじさまが姿を見せました。ボロ雑巾さまは作業をしていなかったので話もそこそこに野球場のエアレーションをしてもらいました。私は屋根の雪が落ちてたまったままのベランダの雪割りをしました。懸案のテラスづくりは土台工事の前でストップしたままです。来週末までに何とかしたいのですが、間に合うでしょうか。

 雪割りを終えたあとは、ボロ雑巾さまはまき割り、私はグラウンドの回りに落ちている枯れ枝を集める柴刈りをしました。冬の間に枯れた枝は集めれば結構な量になりそうです。これまでは暖炉では使い捨ての割り箸を焚きつけに使っていましたが、今度はたきつけもの定山渓グラウンド産の本物になります。

G0504katakuri2  グラウンドの道ばたに春の妖精を見つけました。カタクリです。春一番に花を咲かせる可憐な花です。養分を蓄えて、夏になる頃には姿を消してしまうそうです。踏みつけなければ自然に増えていくそうです。踏まれないようにビニールテープで囲いをしておきました。大切にしたいものです。

 今週は8日の土曜にササ刈りと柴刈り、まき割りをする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月曜日)

作業遅れ

 北日本ターフのみなさんが2日から始める予定だった定山渓グラウンドの芝生の手入れが延期になりました。昨日は天気が良かったのですが、1日の朝まで雨が降っていてとても作業が出来る状態ではなかったそうです。

 4,5の両日でエアレーション、肥料撒布をやってしまうそうです。いつもありがとうございます。微力ですが、4日は手伝いに行かせていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

土のグラウンド

 2日は北海道工業大学と試合をしました。定山渓の雪解けが遅く、札幌市手稲区の道工大グラウンドで試合をしました。

 このところめっきり土のグラウンドで試合をする機会がなかったのですが、久しぶりの土のグラウンドでの試合となりました。やはり痛いです。体のあちこちがすり切れてしまいました。帰りのは苫小牧市内の温泉によって帰ったのですが、初めてラグビーの試合をして、風呂に入ったときのように悲鳴をあげてしまいました。あらためて芝生のグラウンドのありがたみを感じました。

 試合は50代の名アナウンサーのNさんが健在ぶりをみせていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土曜日)

みぞれと嵐

 28日はボロ雑巾様と定山渓に行きました。グラウンドは雪は解けていましたが、みぞれで水が浮いた状態でした。道路の気温も1度でした。

 倉庫の場所に車を止めていたボロ雑巾様のところに行くと、クラブハウスに別に車が一台入ってきました。S専務ではないようです。クラブハウスの横の雪山でなにやら作業をしています。

 話を聞くと、業者の人で、連休にグラウンドを使うので「バーバリアンズの本社」の人から屋外の水道を使うために散水栓を掘り出していたのです。雪は1㍍以上もあったので、「グラウンド状態が悪くて5連休の間は使いません。解けてから私たちでやります」と話して、HGMに今日の作業はやめてもらうように電話をしました。ただ、その人はいろいろと立場があるようで、「中の水道も見なければならないので、やっていきます」と、雪の中から散水栓を掘り当てて、屋外の水道が使えるようにしてくれました。バーバリアンズの本社の人は電話一本で人を動かせるからすごい力ですね。

 ボロ雑巾様は「寒いので」と30分ほどいて帰りましたが、私は何もしないで帰るのも何なので野球場の周りの松の枝払いをしてました、2時間ほどでやって作業を終えました。

 グラウンド状態は水浸しの状態でした。前日、グラウンドを見に来たS専務によりますと、一部に病気が出ているようで、5日までの連休での使用は控えた方がいいとのことでした。また2日から5日まで連休返上で北日本ターフの皆さんが作業に入るそうです。感謝の言葉もありません。どうもありがとうございます。3日か4日は手伝いに行きます

 翌29日は、札幌医大グラウンドで札医大と練習試合をしました。横殴りの雨、嵐の中でしたが、30人近くが集まり、盛況でした。私は前半だけ出ましたが、大きなけがもなく帰ってくることが出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »