« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日曜日)

負け

 東日本クラブトップリーグの決勝は、残念ながらバーバリアンズの負けでした。うまく地域を取れずに、後半、ディフェンスが甘くなったところをタマリバの得意のつなぎにやられました。前半はいい感じだったのですが、相手の出足がよかったのか、ボールが手に付かず、チャンスをものにできませんでした。

 Jスポーツの放送では、バーバリアンズのことを高く評価するようなコメントもありましたが、高まいな構想や計画とは無縁のグラウンドの1管理人には、実感とかなり距離があって恥ずかしいような気もしました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年11月27日 (金曜日)

決戦を前に

 東日本トップクラブリーグの決勝が29日正午から東京・秩父宮ラグビー場で行われます。バーバリアンズは、タマリバクラブと対戦します。タマリバにはこれまで何度も苦杯を飲まされてきましたが、9月27日に地元札幌で行われたリーグ戦では、バーバリアンズが30-5で勝ち、2002年の決勝以来のタマリバ戦勝利を挙げました。

 今季のバーバリアンズは、CTBオーガスト、PRスティーブの招待選手に、さらに前途有望なFLマテアキを迎え、かつてない強力な布陣となりました。強力招待選手トリオに引っ張られた若い選手たちの成長もあり、タマリバに快勝しました。

 さて、今回の決勝はどうなるでしょうか。9月の段階では、タマリバもチーム作りの途中だったでしょう。前回の敗戦では、タマリバはボールを保持率で上回り、ゴール前に攻め込みながら、マテアキ、オーガストらの強烈なタックルの前にミスをして、得点機を逃していました。攻めの詰めの部分をどう修正してくるでしょうか。一方のバーバリアンズも、タマリバ戦後の三鷹戦で完敗するなど、試合運びの面で万全とは言えない部分もあります。タマリバが接点の部分で激しく来たときにどう対処するか、ボール保持力で上回るタマリバから、ボールを奪い返し、ある程度攻め続けることができるかが、勝敗の分かれ目になりそうです。

 いずれにしてもクラブが目標に掲げる日本選手権出場に向けては、次の全国クラブ大会でもう1度戦って勝たなければならない相手です。次の決勝に向けて、相手の気持ちをそぐような戦いができれば最高でしょうが、そうは簡単に行かないと思います。

 定山渓にグラウンドを持って3年目のシーズンです。大願成就といきたいところです。ただ、日ごろのバーバリアンズの練習などを見ていて、いつも思うことがあります。もしタマリバが定山渓グラウンドを使うことになったら、どう使うだろうかと。いつでも使えるグラウンドを持っていることは大きなアドバンテージです。今回の試合でその差が見られるかもしれません。逆にタマリバが創意工夫で、アドバンテージをなくしてしまうかもしれません。

 蛇足ですが、かつて日本代表の選手は、テストマッチを前にグラウンドで死んでもいいようにと、すべての帰り支度を済ませてから、試合場に向かったそうです。きちんと身の回りを整えてから戦いに臨む姿勢に感銘を受けたことがありました。バーバリアンズは戦いの準備はできたのでしょうか。試合の前から、戦いは始まっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月曜日)

定山渓は冬

G11220  22日の日曜日は、小樽を出て、定山渓に向かいました。前日に定山渓に行った方からの連絡で「すごい雪になっている」とは聞いていました。しかし、簾舞や藤野辺りには雪がありません。どうなってるのか、思って国道を進み、トンネルを過ぎると、一面、冬景色でした。

G11221 G11222  この日は、苫小牧のロックバーのマスターが家族連れで錦渓に泊まるとあって、ついでにグラウンドとクラブハウスを見てもらう予定でした。私はすこし早めに行って、薪割りをしました。ただ、薪は雪の下で、グラウンドも一面の雪でした。雪の下から薪を手頃な木を出しては、4、5本始末しました。もう屋外作業は本当に終わりのようです。

 そうこうしているうちに待ち人が到着し、ちょっとだけ、クラブハウスとグラウンドを案内しました。東京で吉川晃司と一緒にバンドをやっていたマスターは、苫小牧でも自分の店でライブを開いています。クラブハウスを見て、「大きな音を出しても周囲の迷惑にならないし、何でも使えそうですね」と感想を話していました。ちなみに、錦渓は料理が最高で安くて文句なしの宿だったそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なまらや

 21日の土曜日は、久しぶりに小樽のボロ雑巾さまのお宅にお邪魔しました。前日激しく飲んだこともあって昼過ぎに目が覚め、2時からの日本代表-カナダのテストマッチを見た後、車を飛ばして、小樽に向かいました。

 4時過ぎには日没になるので、近眼が進んでいるのか、妙に周囲の明かりがきれいに見える中高速を走りました。料金は苫小牧から札幌までが800円。札幌から小樽までが400円でした。1時間10分ほどで着きました。高速は速いですね。

 お宅に着いて、15分程でしてから、近くにできたという洋風居酒屋の「なまらや」に行きました。花園の外れ、歩いてボロ雑巾さまの家から10分足らずでしょうか。予約の電話を入れたところ、いつでも空いているような雰囲気のやりとりのようでしたが、店に着いてしばらくすると、続々とお客さんが入ってきて、メニューが回って来なくなるほど。夫婦2人でやっているのか、料理を作るのが男の人1人のようで忙しそうでした。

 この間、店のオリジナルTシャツを買い、ビールを1杯やった後、ボロ雑巾さまお勧めのワインにしました。軽いつまみ程度のほかは、料理を頼みそびれている間に、ワインが進みました。マーチンのギターがさり気なく置いていて、ちょっとさわっていたりしているうちに、ワイン3本が開き、その後、軽くビールを頼んでお開きとなりました。

 ボロ雑巾さまの家に戻ってからも、ビールを空けて、床に就きました。朝、目が覚めると、何と12時前でした。もちろん気分もすぐれません。完全な二日酔いでした。いつもは6時前に目が覚めるというボロ雑巾さまが何と私より遅く起きてきました。同じく二日酔いでした。ワイン3本が効いたようです。

 定山渓に2人で薪割りにでも行こうかと話していたのですが、ボロ雑巾さまはキャンセル。ボロ雑巾さまはその晩は食事も取れず、アルコールなしで寝たそうです。定山渓経由で苫小牧に戻った私もこの日はアルコールなしの休肝日としました。飲み過ぎました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火曜日)

屋外作業終了

G1116snow G1116snowtani  定山渓は雪模様でした。16日はボロ雑巾さま、北日本ターフのS専務ら3人と今季最後の屋外作業をしました。定山渓の山は上の方が雪化粧してきました。まだグラウンドまで降りてくるには時間が掛かりそうです。

 過去2年の定山渓は、1年目が11月17日の初積雪がそのまま根雪になり、2年目は11月4日に初積雪の後、いったん解けて、19日の積雪で根雪になりました。今年はどうなるでしょうか。うまくいけば、今週末は雪が積もらないかもしれません。

 この日は、S専務はクラブハウスの窓に簡易式の雪よけをセッティング(今年のクラブハウスの利用が終わった段階でコンパネを打ち付けるそうです)、ベランダなど配水口の掃除、クラブハウス内部の掃除、最後に車庫の屋根の補強をしていただきました。

 ボロ雑巾さまと私は、散水ホースの収納、散水管の水抜きをやりました。最初のうちはみぞれ交じりの冷たい雨が降っていたのですが、途中から上がり、寒いながらも無事に作業を終えることができました。

G1116roof  ベランダの配水口の掃除を北日本の若い2人にやってもらっている時に、玄関の上にも大きなスペースがあり、そこの掃除も必要ということになりました。2人が屋上に上がると、コケが厚く積もって、木まで生えていました。その様子を見ていたS専務が「あそこはいい場所ですね。屋上緑化なんかどうですかね。いや…。使えますね。来年はコケを全部出してからどうするか考えましょう」と目を輝かせました。テラスの完成に続いて、やることができました。また、妄想が膨らみます。

G1116hall  作業途中に2階に上がってみると、1階ホールとは違い、ほんのり温かい空気でした。広大な空間のホールですが、暖炉でもそれなりに温まっているようです。とはいえ、暖炉だけでは暖房に限界があるようです。ある程度の季節までクラブハウスを使うのであれば、暖炉は補助で、大きな空間を温めるメーンの暖房が必要です。S専務にはすでに考えがあるようで、いろいろなことを話していました。

 先週末の極寒の練習の後で、かなりの薪が消費されましたので、ボロ雑巾さまと薪割りをしました。また、北日本の若い二人が住宅廃材の柱を切ってくれました。玄関横に積んである薪は今年切った木を割ったもので乾燥が十分でありません。今回は、住宅廃材の柱をカットした燃えやすい薪は、薪入れにつんだ薪と区別して置きました。よく乾燥した住宅廃材をカットした薪は貴重です。大切に使って下さい。

 ちなみに私とボロ雑巾さまは薪割りで腕に乳酸がたまったのか、弁当を食べるときに箸がうまく使えませんでした。その後遺症か、私はきょうも腕がこわばってキーボードがうまく打てません。

 この日で今季のグラウンド維持管理の屋外作業は終了しました。関係者のみなさん、お世話になりました。後は薪割りだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金曜日)

備え

G1112tarumae  昨日(12日)は夜勤明けで、定山渓に行きました。前日から冷え込みが厳しくなったこともあって、途中の樽前山も冠雪していて、支笏湖は冬景色に変わりつつありました。

G1112mg G1112ch  定山渓でも日陰になっている場所には、未明に降った雪が残っていました。ただ、日が当たる場所は雪が消え、グラウンドは全面青々した状態でした。まだまだ芝生は元気です。野球場からクラブハウス側を見ると、シラカバの葉がすっかり落ちたこともあって、定山渓ビューホテルが妙に迫って見えました。

 この日は来年というか将来の楽しみに備えて、野球場のバックネットの脇の土づくりをしてきました。ついでにグラウンドの目土も少し。

 楽しみというのは、バックネット際にブドウを植えて巨大なブドウ棚にしたいのです。4カ所ほど穴を掘り、生ごみ堆肥を仕込みました。来年の春にブドウ苗を買って植えてみようと思っているのです。物の試しに寒風にさらされているヤマブドウの実を取って、穴に植えてみました。芽が出ますかね。無理とは思いますが。

 それとYさんが好意で貸してくれた電動チェーンソーで、今年は使わないことになった住宅廃材を切って、薪にしました。

 Yさんによると、暖炉には結構、不完全燃焼で生じるタールがついているようで、「燃やし初めは乾燥した薪を使い、水分を含んだ薪がよく燃えるようにしてください」と助言を受けました。柱3本を切りましたので、しばらく使えると思います。30年以上たった住宅の柱なので、良く燃えると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月曜日)

ぼやき

 日本シリーズは、ファイターズが2勝4敗で敗れました。第1-5戦はいずれもファイターズ優勢でしたが、結果的に3つも勝てる試合を落としてしまいました。これでは負けてしまいます。それにしても命運を決めたのは第5戦でした。

 実は私の行動が悪かったのです。今季は、最速でリーグ優勝が決まる、日本シリーズ出場が決まる、という試合では、苫小牧市内の某居酒屋でテレビ観戦してはことごとく逆転負けしてました。

 希望的観測ではありましたが、日本シリーズではファイターズに勢いがありそうだったので、第5戦で負けても第6戦で追いつきそうな予感がしていました。「今日負けても、土曜日からの札幌ドームでは勝ってくれる」と、ついつい件の居酒屋ののれんをくぐってしまいました。

 試合は終盤までリードし、同点に追いつかれた後もホームランでリードを奪い、あと3人のところまで来ました。そして、九回裏。「店に残ったら負ける。帰る」と言っていたのですが、ついつい続けて試合を見てしまい、痛恨の逆転サヨナラ負けとなりました。

 あれほど劇的な負けでなければ、選手のショックも大きくなく、第6戦は平常心で戦えたと思いますが、あのショックは大きすぎました。私が勝手に描いていた6,7戦連勝のシナリオも吹っ飛んでしまいました。1ファンにも油断がありました。家に帰って試合を見るべきでした。反省しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木曜日)

G1103snow  3日はたじじさま、ボロ雑巾さま、S専務、さらにニュージーランドから戻ってきたJさんと合わせて5人で車庫の屋根補強と薪割りをしました。未明からの降雪で、定山渓は銀世界でした。同じ南区でも藤野辺りは全く雪が降っていなかったのですが。

 夏の定山渓はなぜか雨雲が素通りすることが多いのですが、冬の定山渓は雪雲の通り道にあるようです。後志の京極辺りはかなりの積雪があったそうで、中山峠を雪雲が越えてくるのでしょうか。

G1103garrage  真冬の寒さの車庫で、補強作業に取りかかりました。昨年の経験から最低でも1時間以上は掛かると思いましたが、経験豊富なSさんの指導で30分足らずで、あっという間に補強を完了しました。

G1103woodchopping  次は薪割りです。ここでJさんが登場。薪割り名人のボロ雑巾さまが度肝を抜かれるパワーで、次々とマツの切り株を割っていきます。あっという間に「来年1年分くらいの薪ができました」(たじじ談)。ボロ雑巾さまは「本当にパワーがすごい」と舌を巻いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日曜日)

意外

 プロ野球の日本シリーズ第2戦は、ダルビッシュが先発した日本ハムが4-2で勝ちました。あるかとは思っていましたが、本当にダルビッシュが先発してきました。第2戦先発を予想した道新スポーツの完勝でした。

 ダルビッシュは本当に痛い部分があるような投げ方でしたが、大きなカーブで巨人打線を幻惑しました。二死満塁で小笠原のピンチには148㌔(たぶん)の速球でストライクを取った後、スライダーで三振に切ってとりました。本当に引き出しが多いピッチャーですね。

 ところで今日の地上波は新庄と清原が解説をしてました。意外におもしろい解説をしていました。ダルビッシュが当然、話題の主役で、2人のやりとりはもちろん、アナウンサーが持ち出す話も、ほとんど巨人の話題がなかったのは驚きでした。日テレならこういう事にはならないのでしょうが、これも時代の流れなのでしょうか。クライマックスシリーズから話題性、注目度ではパ・リーグの圧勝のようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

感謝

 今日、定山渓で練習をしたバーバリアンズのメンバーが、テラスを撤去してくれたそうです。ありがとうございました。高齢者には重すぎるものでしたからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »