« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金曜日)

これはいい

 風邪なのか、鼻炎なのか、具合が悪くなりそうで、なかなか悪くならない中途半端な体調でさえない日々が続いています。熊の冬眠みたいに春の前に充電したい時期なのですが、知らず知らずに疲れが募ってきます。

 これまではスタッフに恵まれて仕事では何のストレスもなかったのですが、いまはかつてない危機感を持っていることも影響しているのかもしれません。

Bloomfield  そんな毎日を癒してれるのが、このCDです。Mike Bloomfield(マイク・ブルームフィールド)の「If You Love These Blues,Play 'em As You Please」です。1970年代のレコード2枚を1枚にした復刻版です。ブルームフィールドは、1960年代後半のロック世代のアメリカ最初ギターヒーローで、私がロックを聴き始めた時は、「スーパーセッション」などで知られ、偉大な白人ギタリストの一人に挙げられていた人でした。しかし、70年代半ばには表舞台から姿を消し、マイナーレーベルから何枚かのレコードを出した後、1981年にサンフランシスコの駐車場で意識不明の状態で発見され、亡くなりました。ギターヒーローの悲しい最期でした。

 このCDはちょうど、巨大ビジネス化したロックに背を向け、自分が好きなブルースを演奏していた時期のものです。前半は、コメントを交えて大好きなブルースを弾いています。後半は79年の録音で、アコースティックギターのWoody Harrisという人とのギターデュエットで、ブルースやフォーク、ゴスペルを弾いたり、歌ったりしています。特に後半の音楽は、今で言うならアンプラグドといえるものです。当時はクロスーバーさらに、ディスコ全盛の時代にあって、アメリカの古き良き音楽を楽しそうに歌い、弾く姿は感動的です。まさにグッド・オールド・タイム・ミュージックです。

 悲劇的な最期から、どちらかというと、時流に乗れずに時代に取り残されてしまったギターヒーローのイメージを勝手に持っていましたが、このCDを聞いて、目から鱗が落ちました。不器用に見えた生き方は、商業主義で巨大化したロックに背を向け、本当に自分の好きな音楽を追い求める純粋な気持ちの現れだったのです。

 MTVでアンプラグド番組がレギュラー化するのは1989年。ブルームフィールドはそれより10年も早く、アンプラグドアルバムを出していたのです。あのディスコやユーロビートの時代にです。時代遅れどころか、早すぎた人だったのです。もし長生きしていたら、ブルースフェスティバルなどで楽しそうにオールド・タイム・ミュージックを演奏する姿が見られたはずです。

 誰も知らない人で済みません。ウイキペディアによると、ローリングストーン誌2003年8号の「ローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大なギタリスト100人」で22位だったそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水曜日)

 27日は夜勤明けで久しぶりに外を走ってみました。今年の苫小牧は冬型の気圧配置が安定しないせいか、少し雪が多いようです。積もっては解けてを繰り返しているうちに道路は文字通りのツルツル路面になって非常に危険な状態になっています。そのせいもあって年明けからは、2月11日のYCACに向けての体作りも兼ねて、会社契約のジムに行ってトレッドミルで走っていました。

 午前中は晴れていたものの、走り出したころには曇って、最後の方には雪が舞ってきました。北大研究林の道路は除雪もそれなりにされて、部分的には土も顔を出してました。結構、急な坂があるので凍結していると危険なのですが、何ごともなく坂を下ることができました。首の方は相変わらずですが、それなりに走れました。

 ところで釧路の方では、暖冬で熊が冬眠せずにのこのこ出歩いて足跡を残して騒ぎになっているようです。北大研究林も熊の名所ですねので、ばったり出くわさないか心配になってきます。

 今日の苫小牧は快晴で、風は冷たいのですが、日差しは強くなってきたようで春が近い感じがしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火曜日)

視界良好

 きょう老眼の進行で合わなくなっていた眼鏡のレンズを交換しました。5年前に買ったのですが、随分とレンズ表面に傷が付いて、見にくくなっていました。

 幸いといいますか、それほど老眼が進んでいるわけでもないようで、近視の度数を弱める程度で手元の文字が見えるようになりました。このごろは本当に物が見えにくくて、わずかなことでもストレスになっていました。視界良好になっていい気分です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月曜日)

Kさんから電話

 放牧酪農をやるため、富良野に移住するくるみクラブのKさんから昨日、電話がありました。山に牛を放す山岳酪農、蹄耕法で知られる旭川市の斎藤さんのところに1週間前から入り、春まで勉強をしてから、富良野に入るそうです。

 5年間限定で土地を借りて、牛を飼育してチーズづくりをするのが夢だそうですが、文字通りに一から、牛一頭から始めるそうです。話をしたのはごく短い時間でしたが、心なしか声が弾んでいるようでした。

 せんえつながら、放牧を始めた当時の酪農家から聞いた話をそのまま伝えました。ササヤブだったところに牧柵を広げて牛を放牧しておいたところ、一年もしないうちにササが姿を消したそうです。酪農家の奥さんが、「牛の力は凄いものですよ。ゴルフ場みたいな芝生になったんですよ」と声を弾ませてました。定山渓グラウンドの横のササヤブにも牛を放したいところですね。

 草が伸びているうちは、酪農家は忙しいので、ラグビーどころではないでしょうが、いつでも定山渓に遊びに来てほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金曜日)

200件目

 今日は夜勤です。ニューヨークでは、鳥が機械の鳥を落としてしまいました。それにしても乗員・乗客が無事だったことはすごいことです。大都会のど真ん中だっただけに、一歩間違えば大惨事でした。

 苫小牧も実は新千歳空港の滑走路の一部が市域に入っています。先日、雷がごろごろ鳴っていたときに、「苫小牧の港に飛行機が落ちたら目も当てられない」と冗談を言っていたのですが、あんな事故が実際にあるのですね。

 ところで今回でブログの記事が200件目になりました。中身がなくて済みません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月曜日)

敗退

 バーバリアンズは12日の全国クラブ大会準決勝でタマリバクラブと対戦し、8-29(3-14、5-15)で敗れました。今季は久しぶりの無冠に終わりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

負けるべくして…

 10日の全国大学選手権決勝は、私の予想通りに早大が帝京に雪辱して、2年連続の大学日本一に輝きました。

 それにしても帝京は2度のシンビンが痛かった。帝京は最初に早大からシンビンが出たところで、攻めに出なければならなかったところで、不用意な反則で自陣に、自ら戻り、同点に追いつかれた挙げ句、今度はシンビンの選手を出して逆転まで許してしまいました。

 風下の前半をしのいで後半勝負という、ゲームプランだったのでしょうか。早大の選手が一時退場となったところで、気持ちにすきができたのか、積極性を欠いてしまいました。前半は3点のリードでよいと、選手が考えてしまったようにも見えました。あそこで自慢の大型フォワードで一気呵成に攻め込んでいれば、という流れことでしたが、「試合の流れが自分たちの方に来ている、よし大事に行こう」と瞬間に、勝利の女神は気まぐれにも早大の方に微笑んでしまいました。

 最も痛かったのは、中央付近からキックを追う早大の選手を邪魔したフォワードの選手のオブストラクションと思われる反則でした。ゴール前に釘付けにされる原因となったもので、まったく不要なものでした。その後の反則の連鎖は、キープレーヤーのツイのシンビンに至ります。その後も不注意な反則を繰り返し、まさに自滅でした。

 それにしても、リスク承知で最初から最後まで積極果敢に攻めた早大は見事でした。帝京は初の決勝で舞い上がっていたのか、後半30分まで何もしないままに過ごしてしまいました。早大が見事に気迫を勝ちに結びつけたのに比べて、帝京は気迫が空回りという表現もできないような、不完全燃焼の試合ぶりでした。これが伝統といいますか、背負っているものの違いなのでしょうか。

 11日のトップリーグの三洋-トヨタ戦でも同じようなものがありました。14点をリードしたトヨタでしたが、後半の中盤からは不用意な反則のオンパレードで、逆転を許したのもゴール前のPGでした。途中までトヨタが勝つと思うような試合展開だったのですが、勝利を自ら手放してしまったという内容でした。

 早大といい、三洋といい、勝てそうで勝てないチームと勝つチームの違いが際だった試合でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土曜日)

大学選手権準決勝

 2日は大学選手権の準決勝に間に合うように、実家から苫小牧に戻りました。

 第一試合は東海大に期待大だったのですが、予想通りに早大に屈しました。早大のこの試合にかける気持ちと集中力が上回りました。東海大は一年生のスタンドオフが経験不足でした。思い切り前に出てくるディフェンスをしてきた早大は、強風に加えてややキック処理が雑なところが出ていただけに、ハイパントなどキックを交えて後ろに下がらせる工夫があれば、展開が変わったのかもしれません。また、小細工せずに自分たちがやってきたラグビーを最後までやり続けた東海大にも悔いはなかったでしょう。

 第2試合は、帝京FWが法大を蹴散らしました。法政のパス名人のスタンドオフも試合をコントロールはできませんでした。帝京の仕上がりはなかなかものです。この状態なら決勝は互角の勝負になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

 あけましておめでとうございます。定山渓の芝づくりも3年目に入ります。石の上にも三年といいますが、気を引き締めていきたいと思います。

 元日は実家の近くの神社に初詣に行きました。昼過ぎに出かけると、結構な人出で、参道に50㍍ほどの列ができていました。春を思わせる暖気で、待つことは苦になりませんでした。ここ数年続けて引いているおみくじは、「吉」でした。良くも悪くもないと言うことでしょうか。

 中には、女性問題に気をつけ、心正しく行いを良くすれば、物事はうまくいく、とありました。また、「待ち人 来ず さわりあり」とも。心当たりがあるようなないようなお告げでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »