2018年4月22日 (日曜日)

週末の楽しみ

 2日続けて室内練習場の水撒きに行きました。昨日はジュニアの練習開始式でしたが、デジカメのメモリーカードを入れ忘れるという大失態でした。随分と雪解けが進みました。
 今日は午前中に練習が終わり、私が最後にグラウンドを離れました。いつものことですが、忘れ物がありました。
 まずはサブグラウンドの板。昨日は雪解け水で通路が水浸しだったところを通れるように板を渡して橋にしていました。それはよいことでしたが、残念ながら板を元の場所に戻してはくれませんでした。使った物は元の場所に戻す、これはどんな世界でも基本です。あれだけたくさんの大人の人がいたのに誰も気付かなかったようです。
 帰り際にちょっと気になってメモリアルハウスをのぞいてみました。入り口とベランダの窓が無施錠でした。クラブの連絡によると、昨日から無施錠だったようですが、今日、使った人たちもそのままにして帰ってしまったようです(ひょっとしたら今日はメモリアルハウスを使わなかったのかもしれませんが)。
 この時は、私が残っていたので開けておいてくれたのかな、とも考えていましたが、その後に立ち寄ったクラブハウスはドアが開け放しでした。今日グラウンドを使った人たちも何の後始末もせずに帰ってしまったようです。毎週、楽しませてくれる人たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金曜日)

公認キャンプ地発表

 ラグビーワールドカップ日本大会の公認キャンプ地が発表されました。定山渓グラウンドを含む札幌市は3個所が選ばれました。情報筋によると、定山渓グラウンドはトンガらしいとのことでした。詳しいことは分かりません。
 道内の場合は網走市に決まったフィジー以外は、札幌ドームで行われる試合の直前練習会場となる見通しでした。会場は世界ランク順に決められるという話でしたが、よく分からないのがオーストラリアの江別市・道立野幌総合運動公園ラグビー場です。グラウンド以外に何もないところです。前日に来て、軽く汗を流すのでしょうか。
 さて、今日の定山渓グラウンドは再び谷黒さんが元気なお姿で、しかも新車に乗っての登場でした。「最後の車の買い物のプリウス」だそうです。
 先日故障した北日本ターフマネジメントのエアレーションの機械は復活したものの、再び部品が破損してしまいました。難しいものです。ちなみにきょうは重機で雪割りのまねごとをさせていただきました。北日本ターフのSさんからは「こんなに雪を積んでは解けない」と厳しい指摘をいただき、雪解けが進むように薄く雪をならす仕上げの作業をしていただきました。慣れない作業で大変でした。うまくできたとは思いませんが、少しくらいは役に立てた、と前向きに考えています。
 雪解けが進み、グラウンドの法面が出てきました。

画像に含まれている可能性があるもの:草、空、木、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、木、草、植物、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、草、屋外、自然、水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然ですが

 突然ですが、ブログを再開します。
 実は昨年の秋からFacebookで、「Field of Dreams - 北海道バーバリアンズ・ラグビー&スポーツクラブ定山渓グラウンド」と題してページを開いていました。
 ただ、SNSだと会員が限られることのほか、若干の制約もありました。どれほどの人がご覧になっているか、分かりませんが、こちらにも書き込むことにしました。

 2日続けてよい天気でした。ピッチの外に積まれた雪山の雪解けも進みつつあります。今日は北日本ターフマネジメントのSさんが17日に続いてエアレーションをしました。
 順調にメーングラウンドが終わって、サブグラウンドに移動。しかし、硬い土に機械が故障、しばらく作業が止まってしまいました。部品が届くまで作業も進まないそうです。一筋縄ではいかないようです。
 昨日は復活した谷黒さんが獅子奮迅の活躍でした。気温36度、灼熱地獄と化した室内練習場で刈り込みと水撒きに精を出しました。額に玉の汗を流しながらも最後まで一人でやり抜きました。お爺さん、頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水曜日)

雪厚く

 昨日は週末の会合で泊まった宿に置き忘れた携帯電話を引き取りにいったついでに、グラウンドを歩いてみました。

 まだ30㌢以上の雪が積もっていました。4月上旬の雪解けは難しいようです。雪解けが早く進んでいて、3月中に地面が見えてくるのではと期待していたのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。

 運動がてら記念館の窓の雪をすこしだけ横によけた後、グラウンドの周りに生えている木を見て回りました。松だけでもトドマツ、赤松、黒松?と3〜4種類はありそうでした。今度、図鑑持参で調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水曜日)

地面が出てきました

 昨日21日は定山渓に残った丸太の処理に出かけました。北日本ターフマネジメントのSさんが雪をどかせたグラウンドは一部で地面が出ていました。暖かい日が続けば、間もなく全面が顔を出しそうです。早くグラウンドが使えるよう作業も早まりそうです。

 木の水分が多くて斧が全く歯が立たなかった3種類の木はチェーンソーで二つに切りました。少しでも乾燥が進めば、割れてくれるのではないかと思います。木こりの真似事をしてみましたが、思いの外大変な作業でした。中川町のグリーンウッドマーケットではベテランのチェーンソーマンがいとも簡単に切っていましたが、体力のいる作業だと実感しました。

 なお、物置の屋根に積もってせり出した雪が危険な状態です。割った薪を積まずに置いてきました。道具を取りに入る人はくれぐれも気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木曜日)

薪割り

 今日は定山渓に薪割りに行きました。

 ブルドーザーで雪をどかせたグラウンドは、融雪剤が撒かれていました。今日は冷え込んでいましたが、暖かい日が何日か続けば、地面が出てきそうです。

 中川町のグリーンウッドマーケットで売れ残った丸太の薪割りをしてきました。

 最高級の薪材とされるミズナラが始めました。順調に割れてくれました。キハダ、オニグルミ、エゾヤマザクラと順調に行きました。硬い木ではないと聞いていたケヤマハンノキに斧を振ると、水分が多いのか、斧が食い込んだところからジュワと水が染み出してきました。木に力を吸収されてれている感じで、早々に降参しました。イタヤカエデも同じような状態で、全く割れる気配がなし。2重の芯が絡まっているセンを3分の1まで割って作業を断念しました。

 残った丸太はチェーンソーで切って、少し乾かせてから再挑戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月曜日)

百客千来

 道北の森林の町、中川町の「グリーンウッドマーケットイン定山渓が11、12の両日、バーバリアンズ定山渓グラウンドで開かれました。

 この冬に切り出した広葉樹の丸太を持ち込んで切り売りする極めて珍しい企画でしたが、一般の木工愛好者も対象にした昨日は午前9時の開始から人出が途切れず、結構な賑わいを見せました。千客万来と言いませんが、100人近くは来場者があったのではないでしょうか。

 初日は会場の上をオジロワシが飛んでいくなど、ここは中川町かと思うような風景もありました。主催者の中川町も「町の宣伝を兼ねたイベント」として赤字覚悟の企画でしたが、結構な売り上げとなり赤字は回避できた模様です。開催中はバーバリアンズ関係者にも購入していただき、クラブハウスの玄関横に丸太3個が仮置きされています。少々、狭くなっていますが、ご了解をお願いします。

 みなさんのご協力をいただき、成功裏に終えることができました。最高級の薪材のミズナラなど原木を提供していただきました。チェーンソーマンの方々が割るだけの状態にしてくださったので、後日、薪割りをしたいと思います。大量に発生した木材チップの利用策も考えたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月曜日)

定山渓にオジロが

 会社に区切りをつけ、2日に札幌に戻りました。引っ越しの片付けも一段落しないままに、転居手続きを終えたあと、定山渓に行ってみました。

 北日本ターフのS社長がブルで冬場に固めた雪をどかせていました。「固めた雪のままでは芝が窒息してしまうので」。いつもお世話になります。

 Sさんが雪を押している作業を見ていて、ふと向かいの山を見ると、尾が白く光る大きな鳥が飛んでいました。オジロワシでした。道南や東北で越冬した渡りの鳥でしょうか。カラスとバトルをしながらしばらく定山渓ダムの上を飛んだ後、遠くに姿を消しました。

 2年間暮らした名寄市を含む天塩川中流域ではオジロワシが繁殖しています。去年の春からオジロワシに取り憑かれたというか、オジロワシ・ハンターとして車を運転をする間中、オジロワシが飛んでいないか、目を皿のようにして捜していました。名寄を離れて、しばらく見ることはないだろうと思っていましたが、思わぬ場所で出会うことができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土曜日)

再会

 今日ようやく自宅のインターネットが開通しました。何でこんなに時間がかかるのか、想像を絶するNTTのお役所仕事にはとことんあきれ果てました。

 ところで名寄でうれしい再会がありました。一つはバーバーズのスーパーフランカーで、ボロ雑巾さまが、かの梶原氏より速いのではないかと本人に議論をふっかけた、タバタケジロウさんです。なんと3年前から道職員の自治体派遣で名寄に勤務していたそうです。気付きませんでした。

 4月1日に人事異動で札幌に行くそうですが、今度はボロ雑巾様のお守りをしてくれるようしっかりお願いしておきました。

 もう一人は、八雲時代に一緒に飲み歩いた人と再会しました。その人は農業改良普及員で全道各地を渡り歩き、1年前から名寄の支所長を務めていました。27、8年ぶりです。私は肩たたき人事の名寄勤務ですが、元気でいるのを見るとこちらもうれしくなりました。勇気づけられます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土曜日)

春の足音

 このところは暖かい日が続いて、春の足音が駆け足でやってきているようです。

 私の家の周りでもどんどん雪が解けていて、一ヶ月くらい季節が早くなった感じです。例年なら定山渓の雪解けが待ち遠しくて、心がうきうきするような日々のはずですが、3月から名寄転勤で定山渓のグラウンド整備はお休みということで、何とも寂しいような今日この頃です。

 雪解けが早いと、芝の生育も順調に進むでしょう。ただ、山の雪が少ないと、何年か前にあったように、地下水不足が心配になります。ただ、油断はできません。去年も2月中は雪が少なめでしたが、3月にどっと降って、雪解けはゴールデンウイーク近くになってしまいました。今年はどうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«名寄に行きます